メルマガはこちらから

PAGE
TOP

採用サイトを自社で公開するメリットとは

職種別のアピールポイント、サイトの構成を解説!

連載
BiNDクラウドで会社や店舗のウェブサイトを作ろう

1 2

3.採用サイトの構成を考える

 採用サイトは、シングルページ(1ページだけ)で構成する方法と、複数のページにわたって構成する方法の2つがあります。それぞれ、どのようなメリットがあるか見てみましょう。

<シングルページのメリット>
・情報がコンパクトに伝えられる
・ページが多少長くなっても、スマホのスクロールなどとの親和性が高い
・1ページだけなので、ビジュアルにこだわれる

<複数ページのメリット>
・情報を階層的に伝えられる
・ページそれぞれの内容を切りよく伝えられる
・情報の整理整頓がしやすい

 このように、どちらにもよい点があります。

 ミライフォースでは、上記3つの職種を募集し、それぞれの情報量はそれほど多くしないと判断したことから、シングルページを採用することとし、次のような構成を考えました。

・ロゴ+メニュー
・キービジュアル+コピー
・メッセージ
・業務内容
・募集要項(3職種)
・アクセスマップ
・エントリーフォーム

4.BiNDで採用サイトのテンプレートを選ぶ

 ミライフォースの採用サイトでは、シングルページにマッチするという条件のもと、次の観点からBiNDにあらかじめ用意されているテンプレートを選ぶこととしました。

・写真を大胆に使ったデザイン
・レスポンシブウェブデザイン(スマホ対応済みのもの)

 実際に選択したテンプレートは、「Certified Tax Accountant Office」です。このテンプレートをベースにした具体的なサイト作りの内容は、次回お届け予定です。

ミライフォースで選択したBiNDテンプレート「Certified Tax Accountant Office」はシングルページの設計

次回予告

第5回では、選択したテンプレートにもとづき、コンテンツをカスタマイズしていきます。写真やテキストの変更の仕方だけではなく、「スタートアップ企業の採用サイトでは、なぜこのようなコンテンツを入れたほうがよいのか」といった点もていねいに解説します。


最新のBiNDクラウドでは、「新テンプレート」、サイト自動生成機能「AiDジェネレーター」、ウェブサイトへの集客を強化する「SEOアシスタント」、ページ遷移を後押しするアニメーション機能「SHiFT」、新・画像編集ソフト「SiGN」、サーバー機能も使えるオンラインサービス「BiNDクラウド」など、さまさまな機能が追加・強化されている

(提供:デジタルステージ)

本記事連動セミナー、2018年2月21日(水)に開催!

 ウェブサイトからの人材採用を主眼にした採用方法についてのセミナーイベントを開催します。詳細は下記バナー画像よりご覧ください。

1 2

合わせて読みたい編集者オススメ記事

バックナンバー