このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第459回

動体検知からパノラマ撮影まで、超多機能ネットワークカメラ「スマカメ180」を衝動買い

2017年12月06日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

壁に金属があれば背面マグネットで固定可能

もっと早く気づけばよかったが、今はギターハンガーに使用している金属メッシュ屏風の端っこにスマカメ180は自力のマグネットパワーで安定してくっついている。ジェルシートと安心感はまったく違う。加えてスマカメ180の高さも自由に変更できる

もっと早く気づけばよかったが、今はギターハンガーに使用している金属メッシュ屏風の端っこにスマカメ180は自力のマグネットパワーで安定してくっついている。ジェルシートと安心感はまったく違う。加えてスマカメ180の高さも自由に変更できる

 もっと早く気づくべきだったが、我が家のスマカメ180の「壁面貼り付け作戦」は思わぬ解決策でゴールとなった。

 実は、筆者は自室に復数のギターをぶら下げるために金属メッシュの屏風のようなガードを設置している。

ACコードも工夫次第で金属フレームの裏側に綺麗に隠せてグッドだ

ACコードも工夫次第で金属フレームの裏側に綺麗に隠せてグッドだ

 何の事はない、その端っこにスマカメ180は強力マグネットのパワーでいとも簡単にくっついてしまった。スマカメ180の最終的な設置場所はまだ考え中だが、しばらくはここに仮設置している。

 実は、これが大きなヒントになって、スマカメ180はくっつくところならどこにでも持ち運んで使えることを再認識した。足らないのはACコンセントだけなのだ。

マグネットでどこでも簡単に設置できるスマカメ180ならAC電源コンセントの心配をしなくていい。USBモバイルバッテリーとペアにすれば可能性は大きく広がる

マグネットでどこでも簡単に設置できるスマカメ180ならAC電源コンセントの心配をしなくていい。USBモバイルバッテリーとペアにすれば可能性は大きく広がる

 しかし、自宅に売るほどあまっているUSBモバイルバッテリーを一緒に使えば、家中どこにでも設置可能な“インハウス・モバイル・スマカメ180”となる。

microUSBとType-Aの直結コネクターがあればこんなこともできてしまう

microUSBとType-Aの直結コネクターがあればこんなこともできてしまう

ウケを狙うならこういう組み合わせも素敵だ

ウケを狙うならこういう組み合わせも素敵だ

 そして偶然、秋葉原で買ったが今までほとんど出番のなかったUSB Type A―microUSBの直結プラグを思い出した。これを連結器に使えば即座にモバイル・スマカメ180の誕生だ。いろいろな楽しい使い方が浮かんできた。

 スマカメ180は自分で吸着マグネットパワーを持っているので問題ないが、USBモバイルバッテリーは何とかしてやらないとダメだ。

 直結でUSBモバイルバッテリーをスマカメ180にぶら下げることも考えてみたが、大容量の重量級バッテリーでは、スマカメ180に付いているマグネットが少し力不足で可愛そうだった。

USBモバイルバッテリーもスマカメ180と同じようにマグネットでどこにでも貼り付けられればより用途は拡大する。以前、買って使い途のなかった背面マグネットの状差しのようなプラケースが役に立ちそうだ

USBモバイルバッテリーもスマカメ180と同じようにマグネットでどこにでも貼り付けられればより用途は拡大する。以前、買って使い途のなかった背面マグネットの状差しのようなプラケースが役に立ちそうだ

 最終的に、アメ横で特売で買った金属壁面に取り付ける背面マグネットの状差しのようなプラスティック箱を利用することにした。

まずは鉄製の玄関の扉の内側にスマカメ180とUSBモバイルバッテリーの入ったプラケースを貼り付け、給電ケーブルで繋いでみた。超安定している

まずは鉄製の玄関の扉の内側にスマカメ180とUSBモバイルバッテリーの入ったプラケースを貼り付け、給電ケーブルで繋いでみた。超安定している

玄関扉の内側に貼ったスマカメ180の撮影画像はこんな感じ

玄関扉の内側に貼ったスマカメ180の撮影画像はこんな感じ

拡大すればより細かな部分も見えるが、もともと狭い廊下なので180度の価値が余り発揮されずに残念だ

拡大すればより細かな部分も見えるが、もともと狭い廊下なので180度の価値が余り発揮されずに残念だ

 この箱の中にUSBモバイルバッテリーを収納し、自力で金属面にくっつくことのできるスマカメ180とショートケーブルで接続して電力を供給するイメージだ。

 実際に、この組み合わせを筆者宅の玄関扉の内側に貼り付けたり、冷蔵庫やワンコが急に玄関から飛び出さないように設置してある金属ペットガードにも取り付けて録画や再生をやってみた。予想通りというか、すべてが見事に成功した。

 ちなみに、10000mAhクラスのUSBモバイルバッテリーならスマカメ180は6時間くらいの連続稼働が期待できる。

 また、録画メディアであるmicroSDカードのメーカー動作保証は最大32GBではあるが、実際は64GBのmicroSDカードも使えている。

モバイルルーターとの組み合わせで楽しみ方無限大

悪ノリでスマカメ180をバッテリーと一緒に冷蔵庫の扉に貼り付けてみた。なかなか広範囲のリビングルームが見えたが、ワイフの掲載許可が出なかったので悪しからず

悪ノリでスマカメ180をバッテリーと一緒に冷蔵庫の扉に貼り付けてみた。なかなか広範囲のリビングルームが見えたが、ワイフの掲載許可が出なかったので悪しからず

 悪ノリで、この組み合わせにモバイルルーターを加えれば楽しさ爆発だが、すでに原稿量はいつもの2倍以上に達しているので、あとは読者の皆さんで実験して楽しんほしい。

ワンコの飛び出し防止フェンスにもスマカメ180とバッテリーを貼り付けてみた

ワンコの飛び出し防止フェンスにもスマカメ180とバッテリーを貼り付けてみた

かなりローアングルなので、先程の玄関扉に貼った時とイメージは違う

かなりローアングルなので、先程の玄関扉に貼った時とイメージは違う

 出番の少なかったスパイダーマンが頭の上にスマカメ180を担いで、帰宅した子供に、遠隔から「おかえり~!」って言うのも楽しそうだ!\(^o^)/。

 スマカメ180、今までのネットワークカメラよりかなり味があるぞ!

いよいよ真打ち登場はこのスマカメ180+USBモバイルバッテリー+モバイルWi-Fiルーターのコンビネーションだろう

いよいよ真打ち登場はこのスマカメ180+USBモバイルバッテリー+モバイルWi-Fiルーターのコンビネーションだろう

アイデア次第で無限の可能性を秘めたスマカメ180は、間違いなくこれからのネットワークカメラの標準機だろう。躊躇することなく「買い」のアイテムだ

アイデア次第で無限の可能性を秘めたスマカメ180は、間違いなくこれからのネットワークカメラの標準機だろう。躊躇することなく「買い」のアイテムだ

T教授

今回の衝動買い

アイテム:
スマカメ180

価格:アマゾンにて1万4800円で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン