このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第445回

無停電電源装置にもなる! 40800mAhの大容量バッテリーを衝動買い

2017年08月30日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ほとんどの家電は動くはずだが
大消費電力のダイソンのドライヤーは動かない……

赤と黒をコンビネーションしたしっかりしたカラーリングが特徴だ

赤と黒をコンビネーションしたしっかりしたカラーリングが特徴だ

正面はLED画面を中央に配し、周囲に操作系のボタンを配置した操作パネル。正式な商品ニックネームは「ROCKPALS」というらしい。日本ではあえて露出しない約束みたいだ

正面はLED画面を中央に配し、周囲に操作系のボタンを配置した操作パネル。正式な商品ニックネームは「ROCKPALS」というらしい。日本ではあえて露出しないみたいだ

 LED表示画面を真ん中に配する操作パネルの周囲と、4つのボタンスイッチは鮮やかな赤でフチ取りされ、そこ以外はシックでマットなブラックカラーで統一。極めて収まりのいい、信頼感を感じられるカラーリングだ。

電源オンのボタンスイッチを押すとDCモードで起動する

電源オンのボタンスイッチを押すとDCモードで起動する

 早速、正面左上にある電源スイッチを押してオンにしてみると、今現在のバッテリー残量や電源の種類がDCであることなどが表示される。

 LEDの表示画面には充電、給電の状況グラフ表示や、AC、DC、UPSなどのモード表示、給電時の電圧などが表示される。

 正面のLED表示画面に向かって左側面には、同じく赤い縁取りのされた入出力ポートが配置されている。

入出力の詳細スペック

入出力の詳細スペック

本体充電用のINPUT以外はシガーソケットアダプターへのDC出力が3個と2つのUSB出力

本体充電用のINPUT以外はシガーソケットアダプターへのDC出力が3個と2つのUSB出力

 唯一のINPUT端子は専用ACアダプターを使用してポータブル電源を充電する時の入力ポート。3つあるOUTPUT端子は、車載シガーソケットアダプターを使用して9~12Vで前述の車載家電製品に給電する場合に使用する。

スマホやタブレット、デジカメなど、多くのUSB機器に充電ができる

スマホやタブレット、デジカメなど、多くのUSB機器に充電ができる

 そして、向かって右端には上下にUSB出力ポートが2個用意されている。これは一般的なUSBモバイルバッテリーと同様、USBケーブルを使用して、スマホやタブレットなどを充電するためのポートだ。

AC OUTPUTのボタンスイッチを押すと、出力がACに切り替わる

AC OUTPUTのボタンスイッチを押すと、出力がACに切り替わる

 続いて、正面右上のAC OUTPUTスイッチを押してみると、今までのDC表示がACに変化し、本体右側のAC OUTPUTからAC100Wの電源を取り出せる。

AC OUTLETは国内規格のA型(左)とその他の国で使用されているコンセントプラグも使用可能だ

AC OUTLETは国内規格のA型(左)とその他の国で使用されているコンセントプラグも使用可能だ

 一般的に日本人なら見慣れた、日本や米国の標準プラグであるA型と、諸外国で使用されているさまざまな形状のプラグにも適合するもう1つのACコンセントの2個が用意されている。

さすがに大電流を食うダイソンのドライヤーは動作しなかった

さすがに大電流を食うダイソンのドライヤーは動作しなかった

 形状さえ合えば、テレビや扇風機、照明器具などは使用できる。残念ながら、常識外の電力を食う家族愛用のダイソンのヘアードライヤーは安全装置が機能したのか、まったく動作しなかった。

 当然のことだが、ACアダプターで使用している機器も、そのほとんどは使用できるはずである。

インターネットカメラを24時間稼働させても
バッテリー容量はほとんど減らず

筆者宅ではスマカメのACアダプターをポータブル電源のAC出力からとって、勝手どこでもスマカメとして利用している。スマカメ用のオプションクリップがポータブル電源のハンドルにピッタリだ

筆者宅ではスマカメのACアダプターをポータブル電源のAC出力からとって、勝手どこでもスマカメとして利用している。スマカメ用のオプションクリップがポータブル電源のハンドルにピッタリだ

 今回、筆者はメーカー標準では製品付属のACアダプターを使うことを前提条件としているインターネットカメラの「スマカメ」(QR-10)に、オプションのクリップ式スタンドを使用してポータブル電源のハンドル部分に取り付けて使ってみた。

外出時には出窓や床置など、その時の状況に応じて臨機応変に設置できる。コンセントの呪縛からの開放はメリットが多すぎる

外出時には出窓や床置など、その時の状況に応じて臨機応変に設置できる。コンセントの呪縛からの開放はメリットが多すぎる

 ACコンセントから電源を取ることなく、ポータブル電源からの給電を受け、自宅Wi-Fiの届く範囲ならどこにでも持っていける“モバイルスマカメ”の誕生だ。

 インターネットカメラは壁面ACコンセントの呪縛から解き放たれるだけで極めて使い勝手のいいホームアプライアンスの仲間入りができる商品だと思った。

テストをしてから外出。ほぼ24時間使いっぱなしでも、巨大なポータブル電源のバッテリー残量はほとんど減らなかった

テストをしてから外出。ほぼ24時間使いっぱなしでも、巨大なポータブル電源のバッテリー残量はほとんど減らなかった

 実際に丸24時間、スマカメを使ってみた。さすがにポータブル電源のパワーは余裕で、24時間使用後もバッテリー残量のインジケーターは、5段階のうち、まだ「4」を示していた。

 この分なら少なくとも3~4日の旅行くらいならコンセントの届かない場所の監視カメラとしても十分活躍できそうだった。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン