このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第443回

初心者にも安心の安定感! カセットテープ大の小型ドローン「AirSelfie」を衝動買い

2017年08月16日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

撮影した動画や静止画はPCで見た方が快適

アルバムを見れば、AirSelfie内の4GBストレージに記録された映像のサムネイルが一覧できる。Wi-Fi転送はお世辞にも速いと言えないので、2分ほどの動画はまずスマホ側にダウンロードしてから鑑賞するのがストレスレスかも……

アルバムを見れば、AirSelfie内の4GBストレージに記録された映像のサムネイルが一覧できる。Wi-Fi転送はお世辞にも速いと言えないので、2分ほどの動画はまずスマホ側にダウンロードしてから鑑賞するのがストレスレスかも……

 さて幾多の困難を乗り越えてAirSelfieで撮影した映像だが、アプリのホーム画面で「アルバム」を選ぶことで、Wi-Fiで接続されているAirSelfieの4GBのストレージ内の静止画や動画をサムネイルで見られる。

 静止画はWi-Fi転送して観てもさほどストレスは感じないが、動画は多少時間がかかってもスマホ側にダウンロードしたほうが、画面がガクガクすることなく快適に観られるだろう。

AirSelfieをmicroUSBケーブルでPCと接続して見るのは効率的でおすすめ

AirSelfieをmicroUSBケーブルでPCと接続して見るのは効率的でおすすめ

PCに接続したAirSelfieは、4GBのUSBドライブとして扱える

PCに接続したAirSelfieは、4GBのUSBドライブとして扱える

PC接続なら動画再生もスムースだ

PC接続なら動画再生もスムースだ

 またAirSelfieをmicroUSBケーブルでPCに直接接続することで4GBのUSBメモリーとして見えるので、パソコン再生なら動画再生も速くて快適だ。大事な動画や静止画はパソコンのHDDにコピーしてもいいだろう。

小さくても安くても、いいドローンはある!

もはや360度全天球カメラやVRメガネ同様、AirSelfieは出張のお伴の御三家だ

もはや360度全天球カメラやVRメガネ同様、AirSelfieは出張のお伴の御三家だ

 AirSelfieはプロペラ間の距離が短い方は35mmもない小さなドローンなので、操縦が難しいと考えるのが一般的だろう。

 初期の出荷製品がどうかは筆者にはわからないが、クラウドファンディングのほぼ最後のバッカーに送られて来たであろう筆者のAirSelfieを見る限り、この小さなサイズでも極めて安定したフライトを実現している。

 AirSelfieの登場で、筆者の口癖でもある「買うならちゃんと飛ぶ、ある程度のサイズと値段のドローンを買いましょう!」を撤回しないといけないかもしれない。

 今月から、出張のお伴に360度全天球カメラ+VRメガネ、ポケットゲーム機と列んでAirSelfieも持って行く予定だ。

 AirSelfieは、小さなビジネスホテルの部屋でも楽しめる最適なコンパクト・ドローンであることは間違いないだろう。次の出張が今から楽しみだ。

T教授

今回の衝動買い

アイテム:
AirSelfie

価格:キックスターターにて290ユーロ(約3万7000円)で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン