このページの本文へ

POSシステム連携API「トレタPOSコネクト」の機能を活用

トレタ、クラウドPOSレジ「スマレジ」とのデータ連携を開始

2017年07月24日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トレタは7月18日、飲食店向け予約/顧客管理サービス「トレタ」において、スマレジ提供のタブレット型・クラウドPOSレジ「スマレジ」とデータ連携を開始したと発表。

 今回の連携は、トレタが開発したPOSシステム連携API「トレタPOSコネクト」の機能を活用することで実現したもの。

 トレタPOSコネクトによって、スマレジが持つ注文内容や会計情報およびスマレジ専用のオーダーエントリーシステム「ウェイター」の来店情報やテーブル情報などと、トレタが持つ予約情報や顧客情報などが一元化されるという。

 連携を活用することで、ユーザーごとの嗜好の把握や利用金額の蓄積など、より細かな顧客分析が可能になり、サービス提供の深化による顧客満足度の向上、来店頻度の上昇やメニュー改善による売上向上につながるとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ