このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第431回

これまでにないスタイリッシュさが魅力! ワイヤレス機能付き自撮り三脚を衝動買い

2017年05月24日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Bluetoothリモコン付きなので遠隔撮影が可能

トップキャップを指先で引き出すとスマホをグリップするところが露出する

トップキャップを指先で引き出すとスマホをグリップするところが露出する

さらにスマホの幅より大きく引き出して、スマホをはさみスプリングで固定する

さらにスマホの幅より大きく引き出して、スマホをはさみスプリングで固定する

 スマートセルフィースティックの特徴は何と言ってもそのコンパクト性とデザイン性だろう。

かなり幅広の「HUAWEI mate 9」(5.9インチ)+専用シリコンケースでもグリップ可能だった

かなり幅広の「HUAWEI Mate 9」(5.9インチ)+専用シリコンケースでもグリップ可能だった

 グリップが対応するスマホはおおよそ、幅が3~5.5インチ(7.6~14cm)くらいまでだ。従来製品のようにはじめからグリップ用のアダプターは露出しておらず、スマートセルフィースティック本体のトップのキャップを引き出すことで、はじめてその一部分が露出する仕組みだ。

 その後、グリップ部分をより引き出すことでスプリング機能が働き、スマホを確実にグリップしてくれる。グリップの強度はなかなか強いが、自撮り棒的な使い方をする場合は、付属の8の字型ベルトで二重に固定したほうが安全度は増すだろう。

このままでも一脚として高く持ち上げて遠くを撮影したり、逆さに持ってペットなどを撮影すると面白い効果が期待できる。間違っても階段やエスカレーターでは使わぬように

このままでも一脚として高く持ち上げて遠くを撮影したり、逆さに持ってペットなどを撮影すると面白い効果が期待できる。間違っても階段やエスカレーターでは使わぬように

 この状態では、単なる一脚として、前の人や障害物で見えにくい遠方の風景を高い位置から撮影したり、逆さに持って、ペットなどをより低い位置から撮影したりすることが簡単にできる。

 旅行先やパーティで自分を含むより大人数を撮影するには、スマホを搭載したスマートセルフィースティックを三脚機能を使って少し遠くに配置し、「ワイヤレススナップショット」(Bluetoothによるリモコン機能)で撮影するのが一番だろう。

三脚の足は普段は底面に完全に収納されている

三脚の足は普段は底面に完全に収納されている

軽く三脚の足先を押し込むと一部分が飛び出してくるので、全部を引き出すと自動的に広がる

軽く三脚の足先を押し込むと一部分が飛び出してくるので、全部を引き出すと自動的に広がる

三脚の足を全部広げると各々11cmくらいになる

三脚の足を全部広げると各々11cmくらいになる

 普段はスマートセルフィースティックの底面に埋没している、リトラクタブルな三脚の脚を軽く押すと、足が少し飛び出してくる。この飛び出した3本の足を各々最後まで引き伸ばすと、安定した長さの三脚構造となる。

高さが低いと、iPhone 7 Plusクラスの重量級スマホでも比較的安定している

高さが低いと、iPhone 7 Plusクラスの重量級スマホでも比較的安定している

転倒などを想定し、スマホは付属のシリコンゴムで固定することを推奨している

転倒などを想定し、スマホは付属のシリコンゴムで固定することを推奨している

 できれば、クリップしたスマホは先ほどの8の字型のシリコンラバーで固定したほうがより安心だ。

マグネットで付着しているBluetoothワイヤレススナップショットでスマホのシャッターを切ることができる

マグネットで付着しているBluetoothワイヤレススナップショットでスマホのシャッターを切ることができる

付属のCR2032ボタン電池を入れてフタを閉める

付属のCR2032ボタン電池を入れてフタを閉める

 ワイヤレススナップショットのリモコンは、スマートセルフィースティック本体にマグネットで付いているだけなので、着脱はいつでもいたって簡単だ。

自撮り棒スタイルでワイヤレススナップショットを使う場合、シチュエーションによってこの定位置でも、もう一方の手で持ってもいいだろう

自撮り棒スタイルでワイヤレススナップショットを使う場合、シチュエーションによってこの定位置でも、もう一方の手で持ってもいいだろう

 自撮り棒としてスマートセルフィースティックを使用する場合は、ワイヤレススナップショットはその時々で、スマートセルフィースティックから離して使用しても、スマートセルフィースティックに取り付けたまま使用してもいいだろう。

 しかし、3人以上のグループ写真を撮影するなら、ワイヤレススナップショットを確実にスマートセルフィースティック本体から離してシャッターリモコンとして使用したほうが便利だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン