このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 第95回

ITクラスタで決定版チャットアプリ「Slack」を徹底解説

2016年11月23日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メンバーと1対1で無料通話したりDMでやりとりする

 コミュニケーションツールなので、もちろんダイレクトメッセージ(DM)機能を搭載しているし、Skypeのような無料通話機能も備えている。もちろん、DMでやりとりした内容はほかのユーザーには表示されないので、内輪の話をする際に便利だ。

ユーザーのページから「Message」や「Call」ができる

メイン画面から右にスワイプすると、「Direct Messages」のタブが開く

DMをやりとりしているところ。文字列の検索は可能だが、ほかのユーザーには表示されない

Skypeのように無料通話ができる

 今すぐにリアクションが欲しい場合、サインインしている人たちに向けて通知を送ることもできる。方法は「@here」と入力すればいいだけ。

「@here」と入力すれば、現在通知が出る状態の人にのみ通知が送られる

寝ている間は通知オフ!など使いやすいようにカスタマイズできる

 チャットツールで問題なのが、新着通知が来すぎて作業や集中の邪魔になる点。もちろん通知を完全オフにすることもできるが、そうすると必要な話題を見過ごしてしまいかねない。そんな時は、重要度の低い投稿のみの通知をオフにすることをお勧めする。

 雑談スレなど重要度が低いチャンネルの場合、通知設定を「Nothing」に変更すると通知が来なくなる。「Mentions or highlight words」にチェックすると、自分宛のコメントもしくはハイライトキーワードが含まれる投稿があるときのみ通知されるようになる。

 アカウントメニューの「Settings」を開き、「Push Notifications」を開くと、全体の設定をまとめて変更できる。ハイライトキーワードはここのメニューから入力する。キーワードが複数ある場合はコンマ区切りで入力すればいい。また、設定から「Do Not Disturb」を開くと、睡眠時間を設定し、その間は通知を出さないようにできる。

チャンネル名をタップすると、「info」画面が開くので、「Notifications」をタップする

通知をオフにするなら「Nothing」にチェックする

アカウントの設定メニューから「Push Notifications」をタップする

通知が来るアクションを選択する

「Do Not Disturb」では指定した時間帯の通知を自動的に切ることができる

他サービスとの連携も超絶便利!
チームで働いているなら要検討だ

 以上が「Slack」の説明書“導入編”となる。やりとりしたデータはファイルも含めてきっちりクラウドに保存されており、検索性も上々。データベースのように使えるし、ビジネスで使うチャットツールには最適だ。デザインもいい感じで、絵文字も使えるなど楽しさにも配慮されているのがユニーク。「Apple Watch」にも対応しており、Slackの通知を受け取るために活用している人もいる。ITクラスタに人気のツールと紹介したが、使い方は簡単なので、IT以外の社内ツールや、サークルの情報共有ツールでも活躍してくれることだろう。

 今回、“導入編”としたのは、基本のチャット機能は紹介できたが、「Slack」のキモはほかのサービスとの連携にあるため。こちらは追ってご紹介する予定だ。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン