このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第100回

住所、メアド、口座番号など定型文を手軽に入力できる「WordBoard」を徹底解説

2017年02月03日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOSで定型文を入力する方法がいくつかあるが、多数の定型文を使いこなすのに便利なのが「WordBoard」。オリジナルのソフトウェアキーボードに任意の定型文を登録し、ワンタッチで入力できるのだ。今回は、定型文入力専用キーボードアプリ「WordBoard」の使い方を紹介する。

ネットショップなどで面倒な住所登録の作業も、「WordBoard」なら楽々入力できる

定型文をキーとして登録できるキーボードアプリを活用する

 スマホで定型文を入力することが多いなら、手軽に入力できるようにしておくと作業を効率化できる。定番ワザとしては、iOS標準のユーザ辞書にオリジナルの単語として登録すること。メールアドレスを単語として登録し、読みに「めーる」などを指定すれば、変換候補から手軽に入力できるようになる。

 ただし、これだと「メール」という単語を打つときに候補に余計なものが表示されることになる。それに多数の定型文を登録した場合、すべての読みを覚えておかなければならず、実用的ではない。

 そこでオススメなのが、定型文入力専用キーボードアプリ「WordBoard」だ。任意の文章を登録し、キーボードのボタンとして利用できるのが特徴。まずは無料で利用できるので、試してみよう。

 アプリをインストールしたら、最初にiOSの設定を行う。「設定」の「一般」から「キーボード」を開き、さらに「キーボード」をタップする。インストールされているキーボードが表示されるので、その下の「新しいキーボードを追加」を開く。「他社製キーボード」に「WordBoard」が追加されているのでタップする。追加できたら、「WordBoard」の設定画面を開き、「フルアクセスを許可」をオンにすれば準備完了だ。

まずはアプリをインストール。起動しても、チュートリアルが表示されるだけ「設定」の「一般」→「キーボード」をタップする
「キーボード」をタップする「新しいキーボードを追加」をタップする
「WordBoard」をタップするもう一度「WordBoard」をタップする「WordBoard」のフルアクセスを許可すれば準備完了

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン