このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第399回

警告音オフでもデバイスを探し出せる! Bluetoothタグ「Chipolo」を衝動買い

2016年10月05日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

発展途上っぽいが、筆者は4つ購入して実験

コミュニティサーチとは次元の違うお話しで恐縮だが、「セルフィー」を選べばチポロはスマホカメラの自撮りリモートシャッターにもなるらしい。わかりやすい話だ

コミュニティサーチとは次元の違うお話しで恐縮だが、「セルフィー」を選べばチポロはスマホカメラの自撮りリモートシャッターにもなるらしい。わかりやすい話だ

 チポロは迷子札というコスパを要求される世界の商品であるがため、単体でGPS機能やLTEなどの自立したネットワーク機能を搭載することは難しい。当然ながらスマホを踏み台にする小判鮫的アプローチを選択せざるを得ない。

 限られたリソースだけで低価格な新しいアイデアの商品を開発し、すべてのリッチな機能を備え、すべての人が持っているであろうスマホを踏み台に、巨大なコミュニティーをインフラとして実現するクラウドGPS的な展開はとても面白いアプローチだ。今はとにかくユーザーの爆増に期待したい。

うちのワンコは明日からチポロ犬になって多様な使い方の研究助手をやることになった

うちのワンコは明日からチポロ犬になって多様な使い方の研究助手をやることになった

まだまだソフトな仕様ではあるが、ひとまず今後の発展の期待を込めて、追加であと4個のチポロを注文

まだまだソフトな仕様ではあるが、ひとまず今後の発展の期待を込めて、追加であと4個のチポロを注文

 筆者は明日から、チポロを我が家のワンコのハーネスに取り付けていろいろなトライアルをやってみたいと考えている。

 そのためにも追加に4個のチポロを注文した。ワンコにつけるときにはもちろん、可愛いワンコを驚かせないためにも「通知範囲内」も「通知範囲外」でも警告音を鳴らさない設定にしておくつもりだ。

 今回のような使い方にBLEを使った場合、飛距離が長くても短くても一長一短なのが面白い。テクノロジーは本来の使い方をアドリブ的に使おうとした場合の混乱もまた楽しいものだ。

T教授

今回の衝動買い

アイテム:Chipolo(チポロ)

価格:セレクトショップ「MONOCO」にて3790円で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン