このページの本文へ

東京ゲームショウ2016レポート第10回

日本一はやっぱり日本一やで!

東京ゲームショウで金塊をお姉さんからもらった

2016年09月16日 21時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 突然だが、9月15日より開催中の「東京ゲームショウ 2016」でポルナレフ状態になった話をする。

 すでに記事を掲載しているが、セガブースの取材のあと、私はぶらぶらと会場を歩いていた。

 場所は──そう、ちょうど取材が終わったセガブースの真裏。セガブースと、エントランスロビーから会場に入る階段との間といったところだ。

 そこで衝撃を受けた。

こ……これは一体……っ!!

 幕張メッセの会場内に「金塊」が積まれていたのだっ!! 黄金長方形ではない。黄金四角柱だっ!

 しかも、超キレイで超かわいいお姉さんがおもむろに振りかざしている。「なんだこの異様な空間……」と、心の中でつぶやくまでに時間はかからなかった。

いろいろと想像がふくらみます。ふくらみます

金は尊い お前らの認識想像より はるかに尊い

 そろそろ普通のレポート記事に戻そう。このインパクト抜群なブースは「日本一ソフトウェア」だ。日本一ソフトウェアと言えば、「ディスガイア」シリーズが有名だが、今回のゲームショウでは新作「プリンセスは金の亡者」を試遊可能タイトルとして出展している。発売は2016年11月24日を予定しており、ハードはPlayStation Vitaだ。

 このゲームはとにかくお金が重要なのだ。お金さえあればなんでもできるのが本作の魅力。

せやな!
焼き土下座!
潔すぎる!

 ここまでPVで言い切るゲームをはじめてみた。実際に試遊してみたが、予想以上にハチャメチャなコンセプトがおもしろいというのが率直な感想。

試遊機の前にも金塊が……

 アクションゲームではあるが、ダンジョン内に出現する敵や罠、ボスまでもお金を払えば味方にできる。試遊ではチュートリアルをプレーできるが、ボスと思われる敵と対峙したときにお金を払ったらクリアーできた。すごい。お金を払う方法は、ゲーム内の電卓に払う金額を押すだけ。

 ぜひとも会場に行った際は、「プリンセスは金の亡者」を試遊していただきたい。試遊したタイトルの中で、もっともぶっ飛んでると感じた。それが個人的にものすごくハマった。マジで。

 最後に忘れずに書いておくが、試遊後にもらえる金塊はティッシュ箱。は? と思うかもしれないが、ティッシュだ。紛れもなくティッシュ。ティーッシュ!

念のため書いておきますが、金塊ではないです。ティッシュです

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ