このページの本文へ

東京ゲームショウ2016レポート第30回

東京ゲームショウ 2016の「日活/SUSHI TYPHOON GAMES」でデモプレー体験

日活のゲームレーベル第2弾は、3DS用王道ホラー「Freak Out -Play Tag- (仮題)」

2016年09月21日 13時50分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東京ゲームショウ 2016のインディーズブースに「日活/SUSHI TYPHOON GAMES」が出展

 9月15日から18日まで幕張メッセで開催されていた東京ゲームショウ 2016のインディーズブースに、ひと昔前であればなぜゲームショウに? と思っていただろうブースがあった。それは、「日活/SUSHI TYPHOON GAMES」のブースだ。

SUSHI TYPHOON GAMES

 映画製作、配給会社の日活が、ゲームレーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」を立ち上げ。東京ゲームショウ 2016では、レーベル初タイトルとなるPlayStation Vita向けの「刺青の国」と、初披露となる第2弾タイトルでニンテンドー3DS用の「Freak Out -Play Tag- (仮題)」(以下、Freak Out)を出展していた。どちらも2016年内にリリース予定とのこと。

第1弾タイトルのPlayStation Vita向け「刺青の国」がプレイアブル出展
第2弾タイトルで王道ホラーゲームの「Freak Out -Play Tag- (仮題)」も初披露

 刺青の国は、特殊な力を持つ刺青を背負った乙女たちを、刺青を彫ることで強化し、東京23区を制覇していくという一風変わった作品。果たして第2弾はどんなゲームを作るのか……と思っていたら、王道ホラーテイストのアクションアドベンチャーゲームだった。

 ブースではFreak Outのデモプレーが可能だったので、試遊してみた。どうやら主人公は少女で、薄暗く気味が悪い建物内を探索しながらさまようことになる。歩き回っていると、何ヵ所かドアがあり、入れる部屋もあればカギが閉まっていたり、鎖で閉ざされた部屋もある。探索しているとカギやペンチなどが手に入り、これを使うことで入れなかった部屋にも移動することが可能になる。

Freak Outは、ニンテンドー3DS用タイトル

 探索して部屋の移動を繰り返していると、急に巨大な人型の“何か”が現れてすごいスピードで向かってきた。ヤバイ! と思ったところでデモプレーは終了となった。また、ブース内で流れているムービーを鑑賞したところ、おそらく建物のの中だけでなく外のステージがあったり、梯子や壁を登るというアクションも登場しそうだ。

タイトル画面も超不気味
不気味な建物の中を、アイテムを探しながら探索
デモプレーではなかったが、建物の外のステージもあるようだ
草むらも登場
はしごを登ったりするアクションも
“何か”が登場し、襲われる! というところでデモプレーは終了。うーん、続きが気になる……

 デモプレーの段階ではまだまだ未知数だが、第3者視点のホラーゲームが好きという人にはささる内容なのではないかと感じた。また、ブースにいた日活 映像事業部門 版権営業部 コンテンツ営業チームの住田 陽一氏に話を聞いたところ「第1弾の刺青の国と第2弾のFreak Outは全然違ったゲームではあるが、どちらも海外でもウケる作品になるように制作した」とのこと。今後も、いろんなジャンルのゲームの製作に挑戦してみたいのだという。

まだまだ不明な部分が多いFreak Out、今後の新情報に期待したい

 変わり種の都市制圧型シミュレーションの刺青の国と王道ホラーゲームFreak Outと、まったく異なるタイトルで攻めるSUSHI TYPHOON GAMES。映画配給会社が立ち上げたゲームレーベルが、インディーズゲーム界の“TYPHOON”となるか、今後に期待したい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ