このページの本文へ

iPhone 7&iOS 10、ASCII総力特集!第8回

ジェットブラック向けに注意書き

アップル「iPhoneの磨耗が気になる方は、ケースをおすすめします」

2016年09月08日 15時30分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新しいiPhone「iPhone 7」が発表されました。

 iPhone 5sのときは「ゴールド」が、iPhone 6sのときは「ローズゴールド」が人気だったように、SNSなどを見ていると、やはり今回も「ジェットブラック」と「ブラック(マットなブラック)」の2色に関する書き込みが多く見受けられるように思います。

 中でも高光沢仕上げの「ジェットブラック」は128/256GBのみの展開というプレミアムな位置付けで、人気カラーとなることが予想されます。

 iPhone 7のページを見ていると、ジェットブラックに関して面白い注意書きがありました。

 ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします

 iPhone用の純正ケースはiPhone 5sから毎回リリースされていますが、iPhone 5のころまでは保護フィルムさえ店舗で扱わなかったアップルが、「ケースをおすすめします」と注釈を入れているのはなんとも新鮮に思います。ジェットブラックは光沢感の強い表面が特徴のカラーなので、どういうケースに入れるのか迷いどころですね。

 覆ってしまうと意味がないし、保護しないとキズが気になるし……キズが気になるなら、ブラックという選択肢もありかもしれません。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中