このページの本文へ

iPhone 7&iOS 10、ASCII総力特集! ― 第63回

アナログ針が見やすい!

iPhone 7で、アナログストップウォッチを使う方法

2016年10月05日 14時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneの「時計」アプリには、「ストップウォッチ」機能が搭載されています。タイムとラップタイムを計測するシンプルなアプリですが、タップのみで操作できるかんたんなインターフェースで、非常に使いやすい機能です。

 iOS 9までのストップウォッチはデジタル仕様でしたが、iOS 10では、デジタルに加えてアナログのストップウォッチも利用できるようになりました。

 使う方法はかんたん。ストップウォッチを表示している状態で、ディスプレーを左にスワイプするだけです。アナログだと、時計の針が動くように表示されるので、視覚的にも過ぎた時間を確認しやすいメリットがあります。

デジタルに加えてアナログのストップウォッチも利用できるように

 また、ラップタイプの計測にも対応、ラップタイム用の針はブルーで表現されます。ラップタイムは、更新するごとに針が0時に巻き戻る仕様です。

 iOS 10でストップウォッチを使う際は、ぜひ利用してみてください。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中