このページの本文へ

iPhone 7&iOS 10、ASCII総力特集! ― 第60回

「手前に傾けてスリープ解除」という設定がある

iPhone 7を持つと勝手に電源が入る! なぜ!?

2016年09月30日 16時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 7/7 Plusに買い替えた人は、iPhoneを手にしただけでスリープが解除され、画面が点灯することに驚かれたかと思います。実はこれ、iOS 10から追加された機能です。iPhone 6sシリーズ以前の機種でも、iOS 10にアップデートすれば利用できます。

 今まではiPhoneでスリープを解除するには、まず電源ボタンかホームボタンを押す必要がありました。そこからロックを解除するために、パスコードを入力するかTouch IDで指紋認証をする……という流れでしたが、一手間省けるわけですね。それに、手に取るだけで画面が点灯するのはなかなかかっこいい。

 しかし、画面が勝手に点灯するのはどうも慣れない、あるいが不意にスリープが解除されることで他人に通知を見られたくない……という場合もあります。また、「電池の持ちが気になる」という人もいるでしょう。

 この機能はオフにできます。「設定」アプリから「画面表示と明るさ」に進み、「手前に傾けてスリープ解除」をオフにしましょう。

「設定」アプリから「画面表示と明るさ」をタップし、「手前に傾けてスリープ解除」をオフにする

 Androidにはホームボタンや電源ボタンをクリックする以外のスリープの解除方法を用意している機種も多いですが、iPhoneにあらためて搭載されたということで、この機能を新鮮に感じる人も多いでしょう。しかし、「ちょっと困るなあ」と感じたら、今回紹介した方法を試してみてください。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中