このページの本文へ

両社の強みとするIoTとAIを活かして第四次産業革命の実現に向け新たなソリューションを展開

ABEJAとウフル、業務提携により人工知能を活用した業務最適化を推進

2016年07月29日 18時26分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ABEJA×ウフル

 ABEJAとウフルは7月29日、業務提携を行ない人工知能技術を軸とした案件協力やマーケティング活動を共同で開始したと発表した。

 ABEJAは主に人工知能技術を用いてIoTやビッグデータ活用、解析技術を中心に流通・小売業界向けにサービスを提供している。ウフルはIoTやM2Mのコンサルティング、マーケティング解析やクラウドソリューションなどをビジネスの主軸としている。両社では、IoTとAI技術を活用し、産業用機械や設備管理などの顧客ニーズに合わせた設計や産業の自動化・効率化・最適化を進め、新たな市場開拓を進めるとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ