このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「スタートアップDive!」第12回

スマホでOK!10万円から始められる資産運用サービス「THEO」を体験してみた

2016年07月27日 06時30分更新

文● 柳谷智宣 編集●北島幹雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2016年2月、「THEO」(テオ)という資産運用サービスがスタートした。日本初となるロボアドバイザーによる運用を行い、10万円から始められるのが特徴だ。例のごとく、早速10万円を振り込み、実際に「THEO」を体験してみた。なお、投資開始1週間後に、英国EU離脱のニュースが出て暴落することに・・・・・・。

10万円を入金。イギリスのEU脱退で大ダメージを負いつつも1ヶ月後の結果は……
THEO(テオ)
プラットホーム ウェブ 企業名 株式会社お金のデザイン
代表 廣瀬朋由 設立 2013年8月
取引形態 BtoC 利用料金 手数料1%/年

富裕層向けの資産運用サービスを個人で手軽に受けられるように!

 資産運用というと超金持ちのプライベートバンクみたいなものを想像する人が多いかもしれないが、ある程度の年齢になったらきちんと考えなければいけないところ。何も考えずにどこかにまとめておくと、インフレなどの経済状況の変化で資産価値が目減りしてしまう可能性がある。

 超大金持ちであれば専門の担当者がついて、運用のコンセプトなどをヒアリングし、全世界のさまざまな金融商品に分散投資を行ってくれる。個人だと、自分で色々調べて投資する必要があるし、手間の問題もあり、限られた金融商品に全額を突っ込んでしまいがち。そんな問題を解決してくれるのが、個人向けの資産運用サービス「THEO」だ。

 株式会社お金のデザインは2013年に設立されたが、「THEO」は2016年2月にスタートしたばかりの新サービス。最新の金融工学と独自のアルゴリズムに基づくロボアドバイザーが、その人のプロファイルに合わせたポートフォリオを自動生成し、運用してくれるというものだ。そのおかげで、最低10万円からという小さな金額でも、グローバル投資が可能になっているのだ。

 早速アカウントを作成してみよう。まずは無料診断を受ける。年齢からリタイア希望年齢、資産運用の経験、予定期間などの質問に回答する。この結果でポートフォリオが決まるので、正直に回答しよう。そのリターン予測などを見て、チャレンジしてみるなら口座の開設手続きに移ろう。

THEO
今回取材させていただいた株式会社お金のデザインの藤本あゆみさん
「THEO」のウェブサイトのトップから「まずは無料診断」をタップする質問に回答していこう。設問によっては説明が表示されるので安心だ
分析結果から作成されたポートフォリオが表示される自分のポートフォリオで2007年から運用スタートという仮定でのシミュレーション結果が表示される。リアルのデータに基づいたデータなので、参考にしよう。

前へ 1 2 3 次へ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ