ASRock「Z170M OC Formula」

OCに特化したASRockのMicroマザーが発売するも即日完売

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockから、チップセットにZ170を採用したオーバークロック向けのMicro ATXマザーボード「Z170M OC Formula」が発売された。

 本日29日(金)より販売がスタートしているのだが、流通量の少なさと人気ということもあり、秋葉原の各ショップではすでに完売状態となっている。

チップセットにZ170を採用したオーバークロック向けのMicro ATXマザーボード「Z170M OC Formula」

 「Z170M OC Formula」は、昨年9月に発売されたATX版「Z170 OC Formula」のMicro ATXモデル。4月に行われたイベントでは、プロオーバークロッカーの清水貴裕氏によりいち早く紹介されるなど、話題となっていた製品だ。

OC向け機能として、BIOSに入らずにメモリーのXMPプロファイルを読み込めるスイッチ「XMP Switch」や、幅広い周波数と正確な波形を生成するベースクロックジェネレーター「Hyper BCLK Engine」を搭載

 高品質コンポーネントで構成される14フェーズデジタル電源回路の搭載や、高湿環境に強い高密度グラスファイバー10層基板を採用するなど、作りもハイエンド向けそのもの。

 OC同際に特化するため、DDR4-4500+をサポートするメモリスロットは2本のみで、液体窒素冷却での極低温環境でも動作するよう設計。また、ASRock専任オーバークロックマスターNick Shih氏によるOC設定がBIOSにプリセットされているのも特長だ。

残念ながら現在は入手不可能。次回入荷についても今のところ未定だ

 主なスペックは、拡張スロットはPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、メモリースロットはDDR4-DIMM×2(最大32GBまで)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット、7.1chサウンド(Purity Sound 3)、Ultra M.2(PCIe 3.0 x4)×1、SATA Express×2、SATA3.0×8、USB 3.1などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、DisplayPortを備える。

 価格は2万9894円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、ドスパラ パーツ館、BUY MORE秋葉原本店で入荷を確認したが、いずれも即日完売となっている。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月