このページの本文へ

ASUS「SABERTOOTH Z170 S」

耐久性と信頼性に特化した白迷彩Z170マザーがASUSから発売

2016年06月11日 22時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、Z170チップセットを搭載する白迷彩カラーの高耐久マザーボード「SABERTOOTH Z170 S」が発売された。耐久性と信頼性を第一に考えたTUFシリーズの製品だ。

Z170チップセットを搭載する白迷彩カラーの高耐久マザーボード「SABERTOOTH Z170 S」。TUFシリーズおなじみの保護プレートは今回採用されず、白基板を強調した作り

 TUF(The Ultimate Force)は、24時間365日の連続稼働が必要なPCなどを想定した設計で、耐久性の高さと信頼性の高さに特化したシリーズ。13個の温度センサーと11個のファンに対応するファンコン機能「TUF Thermal Radar 2」やチップでファン制御でのCPU負荷ゼロにする「TUF ICe」の採用。ヒートシンク付きのチョークコイルなど高耐久高性能な部品を使用する。

 また、基板上のチップを静電気から守る静電気保護回路「TUF ESD Guards 2」やCPU+メモリー用デジタル電源回路の「TUF ENGINE!」のほか、温度センサーやファンの情報、CPUやメモリーの電圧情報、ハードウェア情報などを、Androidスマートフォンで表示できる「TUF Detective 2」といった機能も備える。

Z170チップセットのヒートシンクにはPOST時に問題があればLEDで知らせてくれる機能を備えている

 主なスペックは、フォームファクタはATX。拡張スロットが、PCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(3.0) x4×1、PCI Express(3.0) x1×3。メモリースロットはDDR4-DIMM×4(DDR4-2400/2133、最大64GB)。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット、8chサウンド、M.2スロット、SATA Express×2、SATA3.0×6などを装備。USBポートの内訳はUSB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×8。ディスプレー出力はDisplayPort×1、HDMI×1という構成だ。

 価格は3万218円。パソコンショップアークやBUY MORE秋葉原本店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

ディスプレイ出力はDisplayPort×1、HDMI×1。Type-AとType-CのUSB 3.1も備えている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中