このページの本文へ

週刊アスキー連動【超お役立ち】特集~スペシャルエディション~ 第1回

コンビニ100円菓子おすすめランキング決定戦【超お役立ち】

2016年03月18日 16時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita) 協力●西牧くん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第2勝負 ひねり揚げ対決

●セブン ひねり揚 90g ぼんち 503kcal
●ファミマ ひねり揚げ えびだし味 90g ぼんち 504kcal
●ローソン つな揚げ 90g ぼんち 514kcal

 「ひねり揚げ」。和風乾きものでは隠れた人気商品だ。製品名としては油菓子というらしい。すごくためらう名称だ。

 正直言ってセブンとローソンはまったくおなじに見える。わたしとしてはファミマのえびだし味が神だ。お腹がすいていてたくさん食べたくなったとき、ゴリゴリやってしあわせになっている。さてふたりの判定は?

ファミマのえびはうまい。セブンとローソンは違うの?

ナベ:セブンとローソンはまったく味の違いが感じられない。
小嶋:本当にわからない。ブラインドテストされたらお手上げ。
ナベ:ローソンは「つな揚げ」という名前で個性を出しただけ?
小嶋:ファミマはえびの香りでわかる。
ナベ:でも成分表を見ると、ローソンはセブンよりカロリー・ナトリウム含有量が高い。パッケージにもある「伯方の塩」の含有量がちがうのかもしれない。
小嶋:えびはうまい。えびだしシーズニングの効果がはっきりと認められる。
ナベ:あっ、伯方の塩ってメキシコ産とオーストラリア産のブレンドなんだ。
小嶋:豆知識入ってきた。

■採点(10点満点)
セブン ひねり揚
小:6点。甘く、塩っけ。ベーシック。
ナ:8点。(謎の興奮のためコメントなし)
ファミマ ひねり揚げ えびだし味
小:7点。えび後味いい。シーズニング。
ナ:10点。えびがうまい
ローソン つな揚げ
小:6点。セブンとの違いがわからない……
ナ:8点。うま

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン