このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊アスキー連動【超お役立ち】特集~スペシャルエディション~ ― 第3回

一番うまいのは●●●●●!! 勝手に順位づけ

缶ビール24種飲み比べた【超お役立ち】

2016年04月14日 17時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ムック「週刊アスキー特別編集 2016春の超お役立特大号」は3月18日発売。ASCII.jpでは【超お役立ち】特集を展開中。こちらはスペシャルエディション、なんでもありでやっております。お役立ちの法則がみだれる!

 春はビールがおいしい!!

缶(びん)ビールの中で今飲むべき8本は?

 日差しはすっかり春の陽気。暖かいとビールがおいしい! と、いうことで、コンビニで缶ビールやびんビールを手当たり次第買ってきちゃいました。

 最近のビール事情はひとことで言うと味の多様化。クラフトビール人気の高まりを受け、“エールビール”など、従来のラガー・ピルスナータイプではない様々な味わいの缶ビールが出てきています。

 そんな中で、今買える缶ビール(一部びんビール)を24本を飲み比べ、おいしいビールのベスト8を勝手に決定しました!

 私ナベコ(ビールは食事と一緒に飲みたい)、クマさん(♂ 喉越し重視)、きりんさん(♀ クラフトビールが好き)とコメントしながら進めていきますよ。今晩のビール選びにぜひ役立ててくださいね!

友達のクマさんときりんさんと一緒に飲んでいきますよ!

 なおメーカーは、アサヒ、キリン、サッポロ、サントリー(名前順)の4社に絞っています。発泡酒は除いていますよ。エントリーは、コンビニを中心に見かけることが多いビールを買い集めてきています(ややランダム)。

プレモルのマスターズドリームは完璧なデキ

ナベコ「いよいよはじまりました。世紀の飲み倒れ、じゃなくて飲み比べ」

クマさん「前口上はいいから、早くはじめよう」

きりんさん「読者の方も首を長くしてお待ちかねよ」

ナベコ「あわてないで。ではでは、一番おいしいかったものを発表しますね」

1位はこれ! サントリーのフラッグシップの“マスターズドリーム”。

<1位>
~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム(305mlびん)

・メーカー:サントリー
・アルコール度数:5%
・原材料:麦芽、ホップ
・価格(305mlびん):実売300円前後
・エネルギー(305mlびん):146.4kcal


チェコおよびその周辺国で収穫・製麦された、上質で深いコクが特長の希少な「ダイヤモンド麦芽」を使用する。麦芽の魅力を引き出すため、煮沸工程を3度繰り返す「トリプルデコクション製法」を採用。また、高い熱伝導率を持つ銅を使って麦汁を炊くことにより、より厚みのある味わい、芳しさを引き出す。

ナベコ「これ超うまいです。春限定のビールとかではないですが、いろいろ飲んだうえで一番おいしかった。苦みと旨みのバランスがとても良いんですよ。香りはホップが強すぎるわけではなく、適度に芳醇。しっかりしたビールだけど重すぎずグビグビ飲める。とても良いですね」

きりんさん「私、苦いビールは苦手だけど、これは飲めるわ。餃子とか中華料理にも合いそうね。ところでダイヤモンド麦芽って何かしら。オシャレね」

ナベコ「サントリーのザ・プレミアム・モルツ(以下プレモル)で使われている希少な麦芽なんですってね。“ダイヤモンドホップ”とうたわれているホップを使っているのは、大手のビールではプレモルシリーズだけみたいです」

ナベコ「マスターズドリームはやっぱりおいしいです!」、クマさん「量が少ないのが残念だ」

クマさん「ウマい、ウマいからひとびんじゃ少ない。もっと欲しい」

ナベコ「そうなんですよね~。キリッとしているから飲みが進むんですよ。しかも容量は305mlと普通の缶ビールに比べても少ないし、値段も高い(ひゃ~)」

クマさん「高いからウマいってわけか。う~ん」

ナベコ「クマさん、そういうとこシビアですねぇ」

待ってました! アサヒスーパードライの本気

ナベコ「次は第2位を発表しますね。ちなみに繰り返し言いますが、このランキングはあくまで私の主観です」

クマさん「このクマだのきりんだのっていうのも茶番だもんな」

きりんさん「余計なことはいいから早くして。首が長くなっちゃうわ」

2位は、4月12日に発売の「アサヒドライプレミアム豊醸」。

<第2位>
アサヒドライプレミアム豊醸(350ml缶)

・メーカー:アサヒビール
・アルコール度数:6.5%
・原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
・価格(350ml缶):実売260円前後
・エネルギー(350ml缶):171.5kcal


アサヒドライプレミアムをクオリティアップし、コク・香り・アルコール分のすべてにおいて深みを追求。濃厚で深みのある味わいと広がりのある華やかな香りを実現するため、麦芽量を1.2倍に高めるとともに、希少素材であるアマリロホップとファインアロマホップを採用。濃厚な味わいと華やかな香りに合わせてアルコール度数を6.5%に高めた。

ナベコ「アサヒ~!! よくやった、これはウマいぞ。しっかりしているぞ、コクがあるぞ、飲みごたえあるぞ」

クマさん「(以下同文)」

きりんさん「ふたりとも、もうちょっとまともに味の説明をして」

ナベコ「あ、ごめんなさい。感動したのはちょっとわけがあるのです。私もともとアサヒのスーパードライが好きで。野球場で売り子をやっていたくらいなんです」

辛口で有名な“スーパードライ”。

アサヒスーパードライ(350ml缶)
・メーカー:アサヒビール
・アルコール度数:5%
・原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
・価格(350ml缶):実売220円前後
・エネルギー(350ml缶):147kcal


“辛口ビール”の代名詞的な存在。“アサヒ318号酵母”という、高い発酵能力と上品で洗練された味わいを醸し出す香味特性を併せ持った希少な酵母が、雑味がないクリアな味をつくっている。

きりんさん「私、正直スーパードライ苦手。苦いですもん」

ナベコ「その苦さがいいんですって」

クマさん「暑い夏に屋外でグビグビ飲むのがサイコーなんだよな」

ナベコ「そのアサヒが、3月に発売したのがアサヒ ザ・ドリーム。正直これが自分としてはちょっと残念で」

スーパードライから出た新ビールのひとつ「アサヒ ザ・ドリーム」。糖質を50%カットしている。

アサヒ ザ・ドリーム(350ml缶)
・メーカー:アサヒビール
・アルコール度数:5%
・原材料:麦芽、ホップ、スターチ
・価格(350ml缶):実売220円前後
・エネルギー(350ml缶):122.5kcal


通常より麦芽比率を1.2倍まで高め、高度な発酵管理技術を採用することでコクキレを高める。糖質は50%オフ。

きりんさん「いいじゃない~、糖質50%オフで」

ナベコ「いやいや、糖質をカットするとどうしても味が軽くなるんですよ。香りはスーパードライらしいし、キレもそこそこあるけど、味が薄いような」

クマさん「スーパードライだと思って飲むとものたりないんだよな。と、文句は言ってみても糖質50%オフだと正直手に取りやすい。オレ、毎日飲むからさ」

ナベコ「私もヘルシーなのはうれしいといえばうれしいんですけど……。でも、糖質と引き換えにスーパードライらしくなくなっているのが悔しかったんですよ。そこで来たのが4月12日最近発売したアサヒドライプレミアム豊醸。これは深みがしっかりある、うれしい」

きりんさん「あら、どっしりした味。ちょっと飲みにくい」

ナベコ「今までのスーパードライともまた違うんですよね。辛いだけじゃなくてウマみの質が良くなったというか。価格もちょっと高いのですが、スーパードライのままプレミアムビールに進化した感じ。うれしい」

「アサヒドライプレミアム豊醸」はくまさんも大好き。

クマさん「アルコール度数も高いし、てっとり早く酔えそうだな」

プレモルの“香るエール”は外せない傑作

きりんさん「ところでナベコさん、どうやってビールをテイスティングしていったのかしら」

ナベコ「そりゃ1缶ずつこうやって飲んで」

きりんさん「ちょっとずつ舐めるように飲むとかじゃなくて?」

ナベコ「ビールは舌と喉で飲まなきゃ味がわからないですよ。おかげで、この量を飲むのに時間がかかっちゃいましてね……」

きりんさん「酔っぱらってからの味ってわかっているのかしら」

クマさん「まあビール飲むのはどうせ酔っ払いだからな」

「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール」は傑作!

<3位>
ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉(330ml缶)

・メーカー:サントリー
・アルコール度数:6%
・原材料:麦芽、ホップ
・価格(330ml缶):実売260円前後
・エネルギー(330ml缶):151.8kcal


プレモルならではのダイヤモンド麦芽を使用し、上面発酵酵母を採用したエールビール。フルーティな味わいと爽やかな香りが特長。

ナベコ「今流行のエールビールです。香りが、華やか! プレモルらしい澄んだ喉越し、コク、ウマみもあって、バランスが良い傑作です」

きりんさん「ぷは~。私、これ好きだわ。香りが好き。あと余韻がいいわ。天ぷらとかと一緒に飲みたい」

ナベコ「ところで、ちょっと知っておいてもらいたいのが、コンビニで売っているプレモルの小さいほうの缶って、330mlなんですよ」

きりんさん「え!? ビールのショート缶ってどこも350mlじゃないの!?」

ナベコ「350mlのもスーパーでは売っています。でもコンビニでは330ml。それで価格はヱビスと同列。ということで、量に対する価格が群をぬいて高いんですよね」

きりんさん「あらリッチなのねぇ。知らなかったわ。なんだか缶の錯覚に引っかかっていたかも」

クマさん「あのさ、最近いう、その“エール”とかがよくわからんだが……」

ナベコ「エールって、ビールの大まかな種類なんですよね。日本で普及しているビールはほとんどラガー。難しいですが、発酵工程で、エールが上面発酵、ラガーが下面発酵という違いがあるそうですよ。上面発酵のエールは、フルーティーな味わいを出せるのが特徴だったりします」

クマさん「日本のビールはラガー。と、いうことはオレがずっと飲んできた、アサヒのスーパードライとかキリンラガーとかとは根本から違うってことだよな」

ナベコ「そういうことですね。ほら、ビールって苦いから好きじゃないっていう人いるじゃないですか。若い人のビール離れが進む中、香りが良いエールビールが注目されているそうですよ」

クマさん「そんな若者はビールを飲むな」

きりんさん「ちょっとクマさん、それオヤジっぽい。“ビールは喉越し”なんて言う時代は終わったのよ」

クマさん「そりゃお前みたいに首が長かったら喉越しなんてわからんだろが」

きりんさん「おやまあ、この頭部がでっかいぬいぐるみめ」

ナベコ「まあまあ」

クマさんときりんさんがケンカ! 私のために争わないで。(byビール)。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧