このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第61回

星付きの有名店もオトクに!!「ジャンパン・レストラン・ウィーク」は知らなきゃ損

2016年02月01日 17時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5年連続ミシュラン「レストラン FEU」に行ってきた

 記者ナベコは、加盟店の中でも、5年連続でミシュランガイド東京で星をもらっている実力派店舗、「レストラン FEU」のジャパン・レストラン・ウィーク用の特別ディナーを味わってきましたよ。

 ほ、ほ、ほ、ミシュランの星付きですよ! 行きつけの飲み屋は赤提灯である私は、当然、星付きのお店なんか行ったことありません。高級で震えてしまいそうですが、が。お店の方々はそんな私をもビシッとしたプロの振る舞いで迎えてくれました。一流の接客を味わえるのも、高級店ならではです。

大人の街、乃木坂の青山通り沿いに店を構えるレストラン FEU。

 グルメ検索サイトで見ると、レストラン FEUの予算は1万5000円~2万円。

 ほほぉ、やはりちょっとお高めの予算です。ジャパン・レストラン・ウィークでは、特別にランチタイムには3000円、ディナータイムには7000円(それぞれ税別・サービス料別)の特別のコースを用意していますよ。ディナーの場合、飲み物をいただいて1万円前後に収まるのであれば、お手頃なのでしょう。

 アミューズは、ムール貝の温スープと冷たいジュレ。

 アミューズってつまり前菜なのですね。ムール貝のスープは、カプチーノのように泡立っていて口に入れた瞬間の食感がフワッと。味は、貝の風味が濃厚。ムール貝って普段あまり食べませんが、旨みエキスがここまで出るものなのですね。食前の胃を優しく温めてくれました。

 ジュレは、上からトマトコンソメのゼリー、赤ピーマンのムース、ビーツのゼリーの3層仕立て。なんて美しいのでしょう。口に運んでみると、赤ピーマンの独特のコクをトマトの酸味が引き立てていました。とても繊細な味と表現すれば良いのでしょうか。普段通っている赤提灯の飲み屋にはない、きめ細かい料理です。乙女心がグッとわしづかみにされますね。

 フランス料理のお店なので、飲み物はワインで。

 普段はビールをガブガブ飲んで泥酔してしまっていますが、さすがに星付きのレストランではゆったりワインを堪能しようと思います。この上質な感じは、女子力が上がるかも!!

 料理に合わせていただくバケットは、夜は自家製。

 バケットに添えられている無塩バターは薔薇のようなカタチになっていました。バターまで芸術的に美しいとは。隅々まで手が込んでいます。

 オードヴルは、フレッシュフォアグラのテリーヌ。

 フォアグラの上にパイ生地、リンゴピューレ、カットリンゴが乗せられていて、スイーツのタルト・タタンをイメージして、仕上げたとのこことです。

 見て下さい。美しい盛り付けを。スイーツではなく、フォアグラを使ったオードブルというのが驚きです。

 フォアグラって食べた人はわかるともいますが、力強い“肉!!”という味わい。スイーツふうに仕立るとどういう感じになるか想像がつきませんでしたが、甘酸っぱいリンゴピューレの味わい、さっぱりしたフレッシュリンゴの歯ごたえ、酸味がフォアグラに加わることで、とても軽やかな食後感でした。

 おそらくフォアグラという素材はシンプルな調理の仕方でも十分においしいはず。ですが、一流のシェフがフルーツでアレンジすることで、料理の幅がさらに広がったというわけです。星付きのレストランの技巧に泣けてきますよ!

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!