前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測

MVNO向けのAQUOS、VAIO、Xperia 日本ブランドのスマホをチェック!

文●小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MVNOが扱うスマホは海外メーカー製ばかり、という時代はとうに終わり、国内ブランドのスマホも充実してきた。今回はMVNO向けに発売されているAQUOS SH-M01、VAIO Phone、Xperia J1 Compactを取り上げ、その実力をチェックする。まずはスペック&料金から。

AQUOS SH-M01

VAIO Phone

Xperia J1 Compact

対応機能の豊富さでまずはXperiaがリード?

 今回から4回にわたって比較していくのが、楽天モバイルなどで発売中のシャープ「AQUOS SH-M01」、日本通信から販売されている「VAIO Phone」、ソネットなどで扱われている「Xperia J1 Compact」の3機種だ。まずは簡単に特長を紹介する。

●シャープ「AQUOS SH-M01」
4.5型のIGZO液晶に、487ppiのフルHDディスプレー、13.1メガカメラを搭載。IPX5/7の防水仕様。3日間の電池持ちを謳うシャープらしい端末だ。

●日本通信「VAIO Phone」
VAIOブランドへの高い期待から、発表時には良くも悪くも大きな話題となった機種だが、Android 5.0を採用している点は魅力。アウト側に13メガ、イン側に5メガのカメラを搭載し、バッテリー容量も3機種中最大の2500mAhだ。

●ソニーモバイル「Xperia J1 Compact」
MVNO向けスマホながらおサイフケータイに対応している。2070万画素のカメラを搭載し、防水・防塵仕様、スタミナにも自信があるなど、ハイスペックと言える。

 まずは主なスペック、対応機能を以下にまとめた。

  AQUOS
SH-M01
VAIO Phone Xperia J1
Compact
メーカー シャープ 日本通信 ソニーモバイル
本体サイズ 約63×128×9.8mm 約71.3×141.5×7.95mm 約65×128×9.7mm
重量 約120g 約130g 約138g
画面サイズ 4.5型 5型 4.3型
画面解像度 1080×1920ドット 720×1280ドット 720×1280ドット
OS Android 4.4.2 Android 5.0.2 Android 4.4.4
CPU クアッドコア 2.2GHz クアッドコア 1.2GHz クアッドコア 2.2GHz
ROM/RAM 16GB/2GB 16GB/2GB 16GB/2GB
メモリーカード microSDHC(32GB) microSDXC(64GB) microSDXC(128GB)
下り最大通信速度 150Mbps 150Mbps 150Mbps
4G対応周波数 2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
2GHz/1.7GHz
/800MHz
2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
キャリアアグリゲーション × × ×
VoLTE × × ×
連続通話時間 700分 800分 580分
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング
カメラ画素数 1310万画素 1300万画素 2070万画素
インカメラ 120万画素 500万画素 220万画素
防水/防塵 ○/× ×/× ○/○
ワンセグ連続視聴 8時間 × ×
フルセグ連続視聴 × × ×
FeliCa × ×
赤外線通信 × × ×
NFC × ×
Bluetooth 4.0 4.0 4.0
MHL(HDMI) × ×
Miracast × ×
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 2120mAh 2500mAh 2300mAh
Qi × × ×
カラバリ White、Red ホワイト

 先日発表のあった最新の夏モデルほどではないが、MVNO向けの機種としては、かなりスペックが高い。

 まず携帯性なら画面が4型台のAQUOS、Xperia。しかし最近の主流である5型スマホが良いのならVAIO Phone。VAIO Phoneは他の2機種より薄いので、その点がどう操作に影響するか、次回以降が楽しみ。

 OSでもVAIO PhoneのみがAndroid 5.0で先を行く。だがCPUではAQUOS、Xperiaの性能が高い。これも実際に操作をして差が出るのか。

 4G(LTE)の周波数帯はAQUOSとXperiaが4バンド対応である。いずれもVoLTEには非対応なので、通話は3G。通話時間を見るとVAIO Phoneが有利。バッテリー容量も大きい。カメラは画素数だけを見ればXperiaだが、13メガ以上とどの機種もハイスペックだ。

 防水・防塵の両方に対応したのはXperiaのみ。しかしAQUOSは防水とワンセグに対応している。最近は話題にならないワンセグだが、緊急時やスポーツイベントの生視聴などにはまだまだ活躍する。

 そしてXperiaはおサイフケータイへの対応がやはり光る。モバイルSuicaはいまだ使えないが、楽天Edy、WAONに対応しているだけでも魅力的。NFCを使った通信も可能だ。さらにXperiaの場合、MHL/Miracastに対応しているのもありがたい。

 後半の機能でXperia J1 Compactが差をつけた印象。まずは一歩リードと言える。

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月