このページの本文へ

“必要十分層”に向けた新ジャンル「AQUOS EVER」を創出

新体制で挑むシャープ、進化したエモパーなど夏スマホを解説

2015年05月25日 21時13分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2015年夏モデルの製品説明会が開催

 シャープは5月25日、2015年夏モデルの製品説明会を開催した。2015年夏モデルは「エモパー」の進化、「新世代ケータイ AQUOS」の拡充、新ジャンル「AQUOS EVER」の3つ重点的な取り組を柱に展開していく。

3つの事業をコンシューマエレクトロニクスカンパニーとして統合

 まず初めに、デジタル情報家電事業、通信システム事業、健康・環境システム事業の3つの事業をコンシューマエレクトロニクスカンパニーとして統合する方針について触れた。この統合により、事業部の横のつながりを強くし、製品開発において技術の融合を図っていくとしている。

6月1日より執行役員 通信システム事業本部長に就任予定の川口 登史氏が登壇(現職は通信システム事業本部 副本部長)。2015年夏モデルの3つの重点的な取り組みについて紹介

エモパーがさらに進化、ユーザーに合った話題を選ぶように

進化した「emopa Ver2.0」

 重点的な取り組みの1つ目が、「人と機器との関係を再定義しもっと人に寄り添う関係へ」をコンセプトに、スマホが人格を持ったかのようにしゃべる「エモパー」を進化させたことだ。進化した「emopa Ver2.0」では、入力したキーワードの関連語からユーザーに合った話題を選択するようになった。また、「もう一度」と声をかけると聞き逃した部分をもう一度言ったり、「ほかには?」と声をかけると別の話題を話したりするようになった。

 そのほか、外ではイヤフォンを付けていれば話しかけてくるようになり、電車内でいつも降りる駅に近づいたことや、知らない街で降りると周辺の情報を教えてくれるようにもなった。これにより、より愛着が感じられるようになったとしている。

新世代ケータイの拡充

 2つ目は、新世代ケータイ AQUOSの拡充だ。「全てのケータイを新世代に」を目標に、2015年夏モデルではドコモから販売される「AQUOS ケータイ SH-06G」と、KDDIから販売される「AQUOS K SHF32」の2機種のAndroidベースのケータイを発表している。シャープは今後、新世代ケータイをスマートフォンに並ぶ事業の柱として、積極的に取り組んでいくとのこと。

“必要十分層”に向けた新ジャンル「AQUOS EVER」

 3つ目は、MVNO事業が拡大し、市場環境が価格志向へ変化したことをふまえた新ジャンルの創出だ。同社は、ユーザーを「スマホ:ハイエンド層」「スマホ:必要十分層」「ガラケー層」という3つの層に分類。その中で、価格と機能が自身に合ったスマートフォンを求めるユーザー“必要十分層”に向け、「『ちょうどいい』が心地いい」をコンセプトにミドルレンジスマホの新ジャンル「AQUOS EVER」を創出した。

 2015年夏モデルのミドルレンジのスマートフォンは、AQUOS EVERとして、ドコモから「AQUOS EVER SH-04G」を展開するほか、デザイン志向層向けとしてソフトバンクでは「AQUOS CRYSTAL2」をラインアップする。

 スマホ:ハイエンド層には、エモパーをはじめとした最新技術を搭載するスマートフォンを、ガラケー層には上記の新世代ケータイ AQUOSを積極的に展開をしていくとしている。

ハイエンド層向けスマートフォン

必要十分層向けスマートフォン

ガラケー層向け新世代ケータイ

ハイエンド層向けはカメラやディスプレーも進化

 また、ハイエンド層向けのスマートフォンでドコモから販売する「AQUOS ZETA SH-03G」、KDDIから販売する「AQUOS SERIE SHV32」、ソフトバンクから販売する「AQUOS Xx」の、進化したカメラやディスプレーについても紹介。リコー「GR」開発メンバーによる画質認証プログラム「GR certfied」を取得したレンズと画像処理エンジンを搭載。世界最高を謳う秒間2100枚(フルワイドVGA)スーパースローに対応し、肉眼ではとらえられない一瞬を撮影できるという。

「GR certfied」

世界最高を謳う秒間2100枚(フルワイドVGA)スーパースロー

新開発のバックライト&カラーフィルター「S-PureLED」

 ディスプレーは、新開発のバックライト&カラーフィルター「S-PureLED」を採用し、光の3原色全ての再現性をさらに向上させたとしている。そのほか、AQUOS ZETA SH-03G、AQUOS EVER SH-04Gについて、駆動時間「3日間」を謳うのスタミナ性能も紹介された。

「AQUOS ZETA SH-03G」と「AQUOS EVER SH-04G」

ドコモから販売されるタブレット「AQUOS PAD SH-05G」

缶コーヒーよりも軽い

AQUOS ケータイ SH-06G

AQUOS SERIE SHV32

AQUOS K SHF32

AQUOS Xx

AQUOS CRYSTAL 2

訂正とお詫び:初出時、登壇者について誤りがございました。お詫びして修正致します。(2015年5月27日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン