このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測第207回

「MONO」「Qua phone」「Android One」、キャリアのミドルクラスのカメラをチェック

2018年04月30日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 主要キャリアが販売するミドルクラスのお手頃スマホ「MONO」「Qua phone QZ」「Android One S3」の3機種で比較を続けている本連載。今回のカメラテストでは明確な“差”が出るだろうか?

MONOQua phone QZAndroid One S3

ここまではQua phone QZが1勝しているもののほぼ互角の争い

 キャリアのスマホながら、一括で2~3万円台で購入できるミドルクラスの端末、ドコモ「MONO MO-01K」、au「Qua phone QZ」、ソフトバンク「Android One S3」の3機種を比較しているが、初回のスペック&料金比較で、auピタットプランを上手に使えばQua phone QZがリードということで1勝。

 前回のスピードチェックでは3機種とも400番台のSnapdragonを搭載しているだけにほぼ互角。ただ、いずれも5型のコンパクト機なので、片手操作が得意であることは見えた。

 3回目の今回はカメラ。まずは主なスペックを比べる。

  MONO Qua phone QZ Android One S3
アウトカメラ画素数 1320万画素 1300万画素 1310万画素
アウトカメラF値 2 2.2 2.2
インカメラ画素数 500万画素 500万画素 500万画素
インカメラF値 2.2 2.4 2.2
動画と静止画の同時撮影
動画最大サイズ フルHD フルHD フルHD
シーン設定の有無 × × ×
露出補正
ホワイトバランス調整 ×

 最近はデュアルカメラ搭載機種も増えているものの、そのような機能はなし。画素数も一般的なものだ。ただ、セルフィー重視がうたわれる端末が多い中では、インカメラの画素数は控えめな感がある。レンズの明るさを示すF値も2.0以上で動画もフルHDまで。多彩なシーンを選ぶ機能も無く、Android One S3はマニュアルによるホワイトバランス調整の設定が見つからない。スペックで争う端末でないことだけは確かそうだ。では、実際に撮影してみよう。

カメラの起動時間ではMONOが速い!

 まずはカメラのスピードを見ていく。カメラは初期設定のまま、起動時間を計測した。

 方法は片手操作で、ロック画面、ホーム画面からの起動をそれぞれ3回ずつテストするというもの。計測時間はカメラアイコンに触れたところから、カメラが起動→最初のシャッターを切るところまで。

 本連載では撮影画面がすべて表示されるまでの時間を計測していたが、実際はシャッターが切れるものの画面の明るさが安定せず、時間がかかることがあったので、今回から撮影画面表示直後からシャッターボタンを連打。シャッターを切るアニメーション(画面が暗くなるor明るくなるなど)が出たところまでの時間を計測している。なおテストの様子を録画、撮影した動画を見ながら時間を割り出した。

  MONO Qua phone QZ Android One S3
カメラ起動速度 1秒13~1秒40
(ロック画面)
1秒40~2秒87
(ロック画面)
2秒57~3秒03
(ロック画面)
1秒07~2秒00
(ホーム画面)
1秒13~1秒94
(ホーム画面)
1秒27~1秒70
(ホーム画面)

 ロック画面からの起動、ホーム画面からの起動、どちらでもタイムが短いのはMONO。最速タイムを出しており、タイムのムラは大きいが、ロック画面からの起動は安定して速い。ただピントの調整に時間がかかる場合や、アイコンに触れた瞬間がわかりづらい部分もある。

 Qua phone QZとAndroid One S3はロック画面からの起動だと3秒前後という結果。このあたりのレスポンスはスペック相応という感じもある。

撮影間隔が短いのもMONO!

 次のテストはシャッターボタンを連打し、撮影間隔を見るというもの。押しっぱなしの連写は使わず、シャッターボタンを1回1回押し、シャッターが切られた間隔を計測している。

 これもカメラは初期設定のまま、被写体は同じ、テストの様子を録画し確認して3回分を取り上げている。なお、起動時間チェックと同じくシャッターを切った際のアニメーション(画面が暗くなる or 明るくなる)で撮影間隔を判断している。

  MONO Qua phone QZ Android One S3
カメラ撮影間隔 0秒23~0秒37 0秒50~0秒54 0秒50~0秒70

 これもMONOが速い。0秒2~0秒3台あたりだと、タップした瞬間にシャッターが切れているサクサクとした撮影が可能だ。ただしピントが合っているか、キレイに撮れているかは考慮していない。あくまで撮影が速いというだけだ。

 一方Qua phone QZとAndroid One S3のように0秒50~0秒70になるとシャッターボタンを押してから一瞬、間がある感じでシャッターが切れる。また体感的には2機種とも似ていたが、録画で見ると確かにAndroid One S3のほうが遅い。

 被写体が違うと結果も違うかもしれないが、少なくとも室内で1mほど離れた人形を撮る(後述の撮影テストと同じ人形の被写体)場合はMONOが速い。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン