最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測

MVNO向けのAQUOS、VAIO、Xperia 日本ブランドのスマホをチェック!

文●小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本通信&VAIO Phoneの組み合わせが最安

 続いて料金を確認する。本体価格と月額通信費を含めた2年間のトータルコストを比較。表に掲載した料金プランは楽天モバイル(AQUOS)、日本通信(VAIO Phone)、ソネット(Xperia)の通話と高速通信(LTE)を含む最安プランだ。

 なお税込で計算しているが、本体価格、通信費をそれぞれ小数点以下切り捨てで計算しているため、実際の料金とはわずかに異なる場合がある。

  AQUOS SH-M01
(楽天モバイル)
VAIO Phone
(日本通信)
Xperia J1 Compact
(ソネット)
新規契約
(実質/一括)
5万7024円/
5万7024円
5万5080円/
5万5080円
5万9148円/
5万9148円
機種変更
(実質/一括)
MNP
(実質/一括)
5万7024円/
5万7024円
5万5080円/
5万5080円
5万9148円/
5万9148円
基本使用料 3.1GBパック ライトプラン 音声付 PLAY SIM(プラン140M/day)
1728円 1058円 1738円
通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
Web接続 上記に含まれる 上記に含まれる 上記に含まれる
パケット定額 上記に含まれる
(3.1GB)
上記に含まれる
(1GB)
上記に含まれる
(1日140MB)
主なキャンペーン 楽天ポイント付与 特になし 特になし
-3500円
2年間トータルコスト 9万4996円 8万472円 10万896円

 最安は日本通信+VAIO Phone。高速通信のデータ容量が1GBまでのライトプランに契約すれば2年トータルで8万472円。MVNOらしい安価な携帯電話料金となる。ただし、上記は2年契約が前提の料金という要素がある。なおVAIO Phoneには高速通信が無制限の月2138円の「高速定額 音声付」もあるので、ヘビーユーザーはそちらも要チェック。

 続くのが10万円切りの楽天モバイル+AQUOS SH-M01。こちらはデータ容量が3.1GBで、そこそこ通信をするという人でも十分使えそうだ。楽天ポイントが付与されるのもオトクと言える。

 10万円をわずかに上回ったのがソネット+Xperia J1 Comapctの組み合わせ。Xperia本体の価格は他の2機種より2000~4000円高いだけ。月額料金もわずかな差があるだけで、大手キャリアと比べれば半額くらいで済んでいる。またソネットのPLAY SIMは高速通信の通信量が1日140MBという仕組み。毎日最大まで使ったとすると4GBを超える。なお、同機は楽天モバイルなど、他の事業者でも扱われている。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月