一括価格は5万1000円!

ど真ん中を狙う! VAIO Phoneを写真でじっくり見る

文●末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

期待のVAIO Phoneをネッチリ見る!

 日本通信とVAIOが協業し、VAIO Phoneを発表したのはすでにお知らせしたとおり(関連記事)。

 ここでは記者発表の様子と、デザインにこだわったという端末を写真多めに紹介しよう。

 発表会では日本通信代表取締役社長、三田聖二氏、VAIO代表取締役社長の関取高行氏がそれぞれ登壇し、「日本通信としては誰もやっていないことをやる」(三田氏)、「VAIOブランドとしてのデザイン。今回の発表を皮切りにPCからモバイル、そしてIoTに進んでいく」(関取氏)と、VAIO Phoneに関する意気込みを語った。

 また日本通信代表取締役副社長の福田尚久氏はVAIO Phoneの立ち位置を「キャリア端末ではなく、格安スマホでもなく、ユーザーのストライクゾーンど真ん中」と答えた。

左はVAIO執行役員 花里隆志氏、右は日本通信代表取締役副社長の福田尚久氏

 VAIO Phoneのスペックはディスプレーが5型(720×1280ドット)、1.2GHz動作のクアッドコアCPU、メモリー2GB、内蔵ストレージ16GB、バッテリー容量は2500mAh。OSはAndroid 5.0を搭載する。カメラはリアが1300万画素、リアが500万画素。サイズは約71×141.5×7.9mm、重さが139gだ。

 端末価格は2年契約(24回払い)の場合、1GBの高速通信がついた専用SIMがセットで月2980円(税抜)、通信量の上限が無いプランの場合は月3980円(税抜)。一括購入の場合は直販価格で5万1000円(税抜)となる。もちろんSIMフリーだ。発売は3月20日を予定している。

表も裏もガラスで高級感のあるデザイン

上部にはイヤホンジャック、下部にはmicroUSB端子がある

右側には電源キー、ボリュームキーというハードキー2種類、左にはmicroSDカードとSIMカードのスロットがある

Android 5.0が採用されているので、UIの見た目も新鮮

フレームはマットな質感で、ハードキーなどもマットで統一されている

プレインストールされているアプリは標準的なものばかりで、メーカー独自アプリは一切ナシというシンプルさ

リアカメラは1300万画素なのでクオリティーの心配はなさそう

スロットの内部はこんな感じ。SIMとmicroSDが隣り合っている

はやくも専用カバーや強化ガラスが! 発売日はVAIO Phoneがリリースされたあとのようだ。なお、強化ガラスは表裏の2枚セットで3980円、表面のみだと2980円(ともに税込)

「VAIO Phone」の主なスペック
ディスプレー 5型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約71×141.5×7.9mm
重量 約139g
CPU Snapdragon 410(MSM8916) 1.2GHz(クアッドコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大64GB)
OS Android 5.0
対応ネットワーク FD-LTE:2.1GHz/1.8GHz/800MHz、W-CDMA:2.1GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:13メガ/イン:5メガ
バッテリー容量 2500mAh(交換不可)
NFC ×
ワンセグ ×
防水/防塵 ×/×
SIMサイズ microSIM
発売日 3月20日

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月