このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第135回

ARROWS NX、Xperia Z4、Galaxy S6、夏最強スマホのカメラをチェック

2015年07月20日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ARROWS NX、Xperia Z4、Galaxy S6 edgeという夏スマホのなかでも最強クラスのスペック、多機能を誇る3機種。今回はカメラを比べる。その起動時間、撮影スピード、実写比較、ついでにインカメラの機能まで、もっとも優秀な機種はどれだろう?

ARROWS NX

Xperia Z4

Galaxy S6 edge

Xperia、Galaxyが1勝ずつ
ARROWSもフラグシップ機にふさわしい性能

 本連載では、ドコモのARROWS NX F-04G、au版Xperia Z4、ソフトバンク版Galaxy S6 edgeの3機種を比較しているが、さすが夏モデルでは最強クラスというだけあって、スペックが高いだけでなく、スピードチェックでも上々の結果となった。

 現在はスペック、料金のバランスがとれたXperia Z4が1勝(関連記事)、スピードチェックで多くの1位をとったGalaxy S6 edgeが1勝(関連記事)という展開。ただしARROWS NXもほとんど差がない展開で、どれを選んでもそのコストに見合う成績と言える。

 今回のカメラ比較では、まず主なスペックの違いから見ていく。

  ARROWS NX XPeria Z4 Galaxy S6 edge
カメラ画素数 2150万画素 2070万画素 1610万画素
F値 2 2 1.9
インカメラ 240万画素 510万画素 500万画素
動画と静止画の同時撮影
動画最大サイズ 4K 4K 4K
シーン設定の有無 × ×
露出補正 ×
ホワイトバランス調整 ×

 ARROWS NXがアウトカメラの画素数でトップに。もっとも最近のARROWSシリーズはシンプル過ぎるとも言えるカメラUIを採用し、手動で設定できる機能が少ない。そのため表では×が並び印象が悪い。

 Xperia Z4は表だけを見ればパーフェクト。インカメラの画素数も高い。Galaxy S6 edgeはシーン設定が無かったものの、「プロモード」を用意しており、手動設定で細かい調整が可能だ。

 3機種とも4K動画の撮影に対応し、レンズのF値も明るく、インカメラの画素数も高め。まさに流行に確実に対応したハイスペックモデルと言える。

Galaxy S6 edgeはカメラの起動時間も高速

 カメラの起動時間テストでは、ロック画面からの起動と、ホーム画面からの起動を3回ずつ行なう。カメラアイコンを押してからシャッターボタンやファインダーが表示され撮影可能な状態になるまでの時間を測る。

 なお計測は、起動の様子を撮影し、その動画を見て確認している。カメラの設定は初期状態のまま。結果は以下のとおりだ。

  ARROWS NX Xperia Z4 Galaxy S6 edge
カメラ起動速度 1秒77~2秒16
(ロック画面)
1秒20~2秒16
(ロック画面)
1秒16~2秒40
(ロック画面)
1秒84~2秒10
(ホーム画面)
1秒13~1秒77
(ホーム画面)
0秒80~0秒87
(ホーム画面)

 トップはGalaxy S6 edge。ロック画面、ホーム画面からの起動、どちらでも速かった。ただしロック画面からの起動では、曲面のせいでスワイプの反応があまりよくない。カメラではなくホーム画面を開くことも多かった。しかしホーム画面からの起動は文句なしで、見た目でも最速と感じた。

 またクイック起動(ホームボタン2回押し)もあるため、こちらも試したが、0秒96~1秒33という結果。これまた速い。

 つづいたのはXperia Z4。こちらはロック画面のスワイプでの起動もスムーズ。ただし起動時間にムラがある。体感的にはXperia Z4も十分速い。

 最後のARROWS NXはドコモのdocomo LIVE UXの画面で行った。ロック画面からの起動はカメラアイコンをタップするだけなので、操作ミスはほぼ無い。ただし起動時に一拍間がある。3機種で比べるとちょっと差を感じてしまう。

カメラの撮影間隔でまたもGalaxy S6 edgeの勝利

 カメラの撮影間隔もテスト。同じ被写体をそれぞれの機種で撮影し、シャッターを切る間隔を比べる。こちらも撮影の様子は動画で撮影し、シャッターを切った際のアニメーションで時間をチェックしている。

  ARROWS NX Xperia Z4 Galaxy S6 edge
カメラ撮影間隔 0秒76~1秒14 0秒86~0秒87 0秒57~0秒73

 Galaxy S6 edgeがここでもスピーディー。ピントが合っていようがいまいがガンガン撮れるといった印象(とはいえ、結構ピンボケせずに撮れている)。

 Xperia Z4はピントが合うまでは遅く感じるが、合ってしまえば速い。ARROWS NXも同様の傾向だが、よりムラがある印象。

 ただし3機種とも想像していたより”遅い”という感じも受けた。スマホ全体が年々スペックを強化しているわりに、撮影間隔のスピードは頭打ちの感。そのかわり手ブレしにくく、キレイに撮れるほうに注力しているのかもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン