このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今年も話題のスマホがたくさん発表! MWC 2015レポ第11回

京セラの超タフネス系のWindows Phoneを見てきたぞ!

2015年03月03日 13時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

京セラブースはラグド系一色!
そして開発途中のWindows Phone端末も!

 日本メーカーの中でも、北米を中心にグローバル市場で健闘しているメーカーが京セラだ。その京セラ端末の特徴が、周囲が騒がしくても聞き取りやすいスマートソニックレシーバーと、MIL規格準拠のテストをクリアしているラグド系のヘビーデューティースマホ。

 日本国内ではURBANOやDIGNOといったシックなイメージのスマホを出している京セラだが、海外ではTORQUEのようなタフネススマホを中心にリリースしている。

 それもあってか、京セラブースはラグド系を前面に押し出したデザインで、多くの人が足を止めて見学していた。様々な国で発売されているTORQUEのようなスマホのほかに、ブースの一角になにやら不思議な端末が。

 見た目はTORQUEのようなデザインなのに、中身はどうみてもWindows Phone。この端末の正体を担当者に聞いた。

 「工事現場などで作業をする方の中には、Windowsのファイルをそのままスマホで使えたほうがいいという方もたくさんいました。なので、今回は試作機ということでヘビーデューティー系のWindows Phone端末を開発しました」。

 ここまでできあがっているのに販売しない理由もないだろう。せっかくなので日本でも発売して再びWindows Phoneを盛り上げてもらいたいところだ。

これが京セラ流のWindows Phone!
ただし開発中の試作機

ディスプレーに表示されるのは当然Androidのホーム画面ではなく、Modern UIだ
上下部分。ハードキーひとつひとつがゴツイ
両サイド。こう見るとかなり分厚いが、これを使う人は気にしないだろう
スピーカーの穴が空いていないということはスマートソニックレシーバー?
Windows Phoneでできることはすべてできるようにしたとのこと

(次ページでは、「世界各国のタフネススマホも展示」)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン