このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック ― 第15回

Windows 8.1を大掃除! 削除できないアプリの消し方

2014年11月18日 12時00分更新

文● タトラエディット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 メーカー製のWindowsマシンを購入した直後に不要なアプリをアンインストールするという人も多いのではないだろうか。

 特に、Modern UIに登録されているアプリは、グルメ系や経済系サービス系のものが初期インストールされていることが多く、関係ない人には不要。今回はアプリの整理について解説する。

コントロールパネルからアンインストールできるのは
デスクトップアプリや、ドライバ―など

 Windows 7以前のマシンに慣れ親しんでいる人は、コントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールしようと考えるだろう。

 「プログラムのアンインストール」はWindows 7以前などにあった「プログラムの追加と削除」と機能的には同じで、デスクトップアプリや、ドライバ―などについても削除できる。

「コントロールパネル」を開き「プログラム」の[プログラムのアンインストール]をクリックする アンインストールしたいプログラムを選択し、[アンインストール]をクリック
「コントロールパネル」を開き「プログラム」の[プログラムのアンインストール]をクリックするアンインストールしたいプログラムを選択し、[アンインストール]をクリック
アンインストーラーが開くので、[実行]ボタンをクリックする。アンインストールするプログラムによって画面などが異なるので、表示内容に応じて作業を進める [完了]をクリックし、終了する。プログラムによっては、再起動が必要なものもある
アンインストーラーが開くので、[実行]ボタンをクリックする。アンインストールするプログラムによって画面などが異なるので、表示内容に応じて作業を進める[完了]をクリックし、終了する。プログラムによっては、再起動が必要なものもある

ストアアプリをアンインストールする方法

 コントロールパネルではModern UIに登録されているアプリは表示されない。ストアアプリなどのアンインストールはチャームから行なう。

 ストアアプリのアンインストールは、アプリタイルの右クリックメニューから行なえるが、多数のアプリを削除するときは設定チャームの「PCの設定と変更」メニューから行なうのが手っ取り早い。アプリの一覧から、クリック操作で次々とアンインストールできるからだ。

設定チャームを開き、[PC設定の変更]をクリックする
設定チャームを開き、[PC設定の変更]をクリックする
[検索とアプリ]をクリック [アプリのサイズ]で一覧を開き、目的のアプリをクリックして[アンインストール]を押す。ウィンドウが開いたらさらに[アンインストール]をクリック
[検索とアプリ]をクリック[アプリのサイズ]で一覧を開き、目的のアプリをクリックして[アンインストール]を押す。ウィンドウが開いたらさらに[アンインストール]をクリック
アンインストールされた アンインストールされた

(次ページに続く、「削除できないプログラムはフリーソフトで根こそぎ消す!」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン