このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

マイクロソフト・トゥディ 第98回

MacBook Air / Proを駆逐してやる!—「Surface Pro 3」

2014年06月12日 11時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2014年7月17日から、日本でも「Surface Pro 3」が発売される。

「Surface Pro 3」

 5月20日(米国時間)に米ニューヨークで発表された時点では、米国では6月20日発売としていたものの、日本を含む米国以外の国では、8月末までの発売とされていた。

 しかし、6月2日に日本で行なわれたSurface Pro 3の製品発表会見では、日本での発売が、それよりも遙かに早い、7月17日と発表された。

 これは、本社が日本市場を重視していることの証だ。

発売は2014年7月17日から

個人向けの店頭想定価格は9万1800円から

Surfaceにとって、日本が重要な市場

 日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、「これまでのSurfaceの世界的な動きをみると、日本での反響が大きく実績も高い。Surfaceにとって、日本が重要な市場であるとの認識がある」とし、それが日本での発売時期が前倒しになったことを明かす。

 また、米マイクロソフト Surface & Windows Hardware セールス & マーケティング担当のブライアン・ホール ジェネラルマネージャーは、「日本のユーザーからは数多くのフィードバックをいただいた。日本市場向けのSurface Pro 3には、Officeをプリインストールしており、MetaMojiのNote Anytimeも搭載している。これは日本のユーザーの声を反映したもの。Surface Pro 3は、日本のユーザーに最適な1台」とする。

写真左が日本マイクロソフトの樋口泰行社長、右が米マイクロソフト Surface & Windows Hardware セールス & マーケティング担当のブライアン・ホール ジェネラルマネージャー

「Office Home and Business 2013」がプリインストールされている

004

Surface Pro 3発表会では、Office Home and Business 2013がペン操作にも最適化されていることを示すデモが行なわれた

MetaMojiの「Note Anytime」もプリインストール

 初代のSurfaceの発売時こそ、日本での発売まで約5ヵ月遅れとなっていたものの、第2世代では日米の発売日にほとんど差がなく、日本だけの先行発売モデルとしてSurface Pro 2に512GB版を用意するといった動きも見られた。

 今回のSurface Pro 3が、他国に比べて先行した発売になるという点では、やはり日本を重視していることがわかる。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン