このページの本文へ

日本上陸(?)のスマホも続々発表! MWC 2014レポ第13回

防水・防塵対応のGALAXY S5とGear 2を早速イジってきた!

2014年02月25日 17時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついにGALAXYの新作が発表!
スペインでガッツリ触った!

 MWC初日である24日夜に、サムスン電子による発表会が開催された(関連記事)。スタート前はクラシック音楽の生演奏など、同社らしい大掛かりなものだ。プレゼンテーションのあとには、実機のハンズオンがあり、発表されたばかりの「GALAXY S5」、「Samsung Gear2」、「Samsung Gear fit」の3つに触れることができた。

 さっそく新製品の使用感をフォトレポートしよう!

冒頭にプレゼンテーションを行ない、GALAXY S5を発表した、サムスン電子 CEOのJK SHIN氏

Gear2 fitを説明したサムスン電子 HQのDavid Park氏

サムスン電子のヨーロピアン テレコミュニケーション オペレーションズ ヴァイスプレジデント Jean-Daniel Ayme氏は、デザイン面を主に解説した

新しいGALAXYはついに防水・防塵対応!
そして指紋認証搭載!

サイズ感はGALAXY S4とあまり変わらない

背面はウワサのブツブツ。セキュリティーがかかっていたので、実際には試せなかったが、防水対応でも裏ブタは外せ、バッテリーも交換可能とのこと

上下部分のデザインもGALAXY S4に準じている……のだが、防水・防塵対応になったため、下部のmicroUSB端子がカバー付きになった。充電するときにちょっと不便かも

両サイドはハードキーがある以外はいたってシンプル

フロント部分の大きな変化といえば、下のホームキーに指紋認証機能が搭載されたことだ

カメラは一瞬でピントが合うようになり、撮りたい瞬間にすぐ撮れるようになった

Gearシリーズと連動させるアプリもプレインストール済み

現時点では日本語は入っていなかった……

これらのホームガジェットをタップすると、Gearと連携したアプリが立ち上がる

カメラの下にあるのは、実は心拍センサー。人差し指をここに当てて心拍数を測ることができる

指紋認証は、ホームキーのちょっと上くらいから(画面下部も認証エリア)、下に向かってなぞるようにする。設定画面でこの辺の精度は調整できる

アクセサリーも多数用意されていた

スパイ気分になれる腕時計型ガジェット Gear 2

前モデルから大幅に進化したGear 2。見た目も高級腕時計のような質感になった。スマホとはBluetoothで連動させる

この画面はもちろんタッチパネルで、サクサク操作できる。身につけたまま、電話をかけることも可能

カメラなどのレイアウトが大幅に変更された。一見すると時計にしか見えないが実は……という、さりげないデザインがカッコイイ

充電端子の下の部分が心拍数を測るセンサーだ

腕に付けてみると、このようになる

こちらはライフログ機能を兼ね備えた「Samsung Gear fit」。画面は有機ELだ

このようにベルトから取り外して使ったり、他のベルトに変えて楽しんだりもできる。充電端子の右側にあるのは、Gear 2と同じ心拍数センサーだ

このボタンでスリープのオンオフができる

サムスン電子の偉い人たちも、このようにGearを身につけてアピール


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン