このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第146回

ASUSがSSD市場に参入 「RAIDR」は驚くべき性能と品質!

2013年07月26日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 8にベストな魅力を満載

 SSDとしては後発の「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」は、「Windows 8」の「UEFI」や「Secure Boot」をサポートするなど、8への対応はバッチリ。OSインストール時(Windows 8/7)に、RAIDドライバーを読み込ませなくともインストールが行なえるなど、うれしい配慮も施されている。

 ここからは、そんな魅力的なポイントが多数ある「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」のスペックと主な特徴を見ていこう。

「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」のスペック
容量 240GB(120GB×2 RAID0)
インターフェース PCI Express 2.0 x2
RAIDコントローラー Marvell 88SE9230
SSDコントローラー SandForce SF-2281×2
NANDフラッシュ 東芝 19nm MLC SyncNANDフラッシュメモリー(16KBページファイル)
シーケンシャルリード 最大830MB/秒
シーケンシャルライト 最大810MB/秒
シーケンシャル4KBリード(IOPS) 最大10万 IOPS
シーケンシャル4KBライト(IOPS) 最大10万 IOPS
MTBF(平均故障間隔) 62万時間
対応機能 UEFI(BIOSと切り替え可能)、TRIM、NCQ、AHCI、AES 128bitなど
対応OS Windows 8/7
サイズ/重量 157×120×20mm/243g
予想販売価格 3万9980円前後

自作PC初心者やPCに
詳しくない人も安心

 SSDで最も気になる転送速度だが、「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」はRAID0構築とPCI Express 2.0 x2接続で、SATA3の6Gbps(600MB/秒)を軽くオーバーするシーケンシャルリード830MB/秒、シーケンシャルライト810MB/秒を実現。さらにRAID0が構築されたSSDながら、速度低下を抑えるTRIMコマンドを標準でサポートし、アクセス速度を向上させるNCQやS.M.A.R.T.といった機能にも対応している。

「CrystalDiskInfo 5.6.2」と今回試したカードのファームウェアでは、S.M.A.R.T.情報を確認できなかったが、TRIMとNCQのサポートを確認できた

 「Windows 8」を10秒台で高速起動させる「UEFI」ブートやPCの安全性を高める「Secure Boot」をサポートするだけでなく、従来のBIOSにも対応。UEFIと従来BIOSの切り替えはボード上のスイッチで変更できるようになっているので、PCにあまり詳しくない人でも、BIOSを採用するWindows7プリインストールのメーカー製PCなどに搭載できるようになっている。

UEFIと従来BIOSモードの切り替えは基板上のスイッチで簡単に行なえ、UEFIモード時はLEDがオレンジに点灯する

BIOSモード時はRAID BIOSも読み込まれ、RAID構成の変更なども可能になっている。こだわり派は用途にあわせて、RAID0のストライピングサイズを変更するのもあり

UEFIブートしたUSBインストールメディアから「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」に、Windows 8をインストール。しっかり回復とEFIシステムパーテーションが作られている。なお、UEFIインストールには、64ビット版のWindows 8が必要だ

従来のBIOSとの互換を保つ「CSM(Compatibility Software Module)」を無効(Disabled)にすることで、Windows 8のさらなる高速起動も可能。8を「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」にUEFIインストールして爆速起動を目指そう

 チップセットなどが備えるRAID機能を利用する場合は、OSインストール時にドライバーをUSBメモリーなどで別途用意して、手動で組み込まないとストレージデバイスとして認識できないこともあるが、「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」はRAID&PCI Express接続ながら、OSインストール時のドライバーインストールは不要になっている。

 OS起動後は「デバイスマネージャー」の「ほかのデバイス」に「Marvell Console」が認識されるため、付属DVDからドライバーインストールを行なう必要があるものの、導入は非常に容易になっている。

「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」は、ドライバーを手動で組み込まなくともOSのインストール先として認識。「ほかのデバイス」の「Marvell Console」は、付属DVDから「Marvell Magniドライバー」をインストールすればオーケーだ

 内部でRAID0が構築されているPCI Express接続のSSDと聞くと、自作PC玄人向けの製品に感じてしまうが、「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」は、メーカー製のPCユーザーや自作PC初心者でも容易に導入できるよう作り込まれている。しかも、RAID BIOSによる手動でのストライピングサイズの変更も可能と、こだわり派にうれしいカスタマイズ性も残しているのが非常に魅力的といえる。

 次は定番ベンチマークを実行し、OCZ Technology製のPCI Express接続SSDや120GB×2台を使って構築したチップセット制御のRAID0と性能を比べてみよう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中