このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新パーツ性能チェック 第146回

ASUSがSSD市場に参入 「RAIDR」は驚くべき性能と品質!

2013年07月26日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

より高速&快適化できる
かなり便利な付属ユーティリティー

 SSD付属のユーティリティーといえば、ストレージを丸ごとコピーできるツールやファームアップデートを行なえるユーティリティーが定番だが、「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」は、かなり秀逸なユーティリティーが付属している。

R.O.G.テーマの「CrystalDiskMark」など、計5つのユーティリティーが付属

ROG RAMDisk

 まずはR.O.G.シリーズのマザーボードにも付属している「ROG RAMDisk」。SSDより高速なメモリーを2クリックでディスク化。ゲームのマップデータなどの高速化したい特定ディレクトリをRAMDiskに割り当てることも簡単に行なえるようになっている。

「ROG RAMDisk」は、RAMDisk化するメモリー容量とドライブ文字を指定して「Add」を押すだけでRAMDiskを作成。また、特定フォルダーの指定も簡単に設定できる

SSDとは桁がひとつ違っているRAMDisk。この爆速ドライブを手軽に「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」と連携できるのは便利

SSD TweakIt

 続いては「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」を管理、高速化する統合ユーティリティーの「SSD TweakIt」だ。「ROG RAMDisk」とも連携しており、ブラウザーのキャッシュやハイバネーションなどのデフォルト保存先をワンクリックでRAMDiskに設定し、OSのパフォーマンスを向上させる「Auto Optimaization」など、便利な機能を搭載している。

 さらに長く使用して速度が低下したSSDの速度を復活させるSecure Eraseも、PCI Express接続のSSDながら、実行することが可能になっている。

RAMDiskを作成後「Auto Optimaization」の「Apply」をクリックすれば、自動でテンポラリーなどをRAMDiskに移動。PC全体のパフォーマンスを向上させてくれる

「SSD TweakIt」には、Secure Erase機能やファームウェアのアップデート機能が備わっている。Secure Eraseなどは、BIOSモードに切り替えて行なう必要がある

ROG HybriDisk

 最後はSSDをHDDのキャッシュとして利用するIntel「Smart Response Technology(SRT)」と同じ機能を備える「ROG HybriDisk」だ。HDDにインストールしてあるシステムを活かしたまま、高速なSSDの恩恵を受けられ、HybriDiskの構築はSRTよりもかなり簡単になっている。速度も「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」と同等クラスなので、OS再インストールせずにSSDを導入したい人にオススメだ。

OS上の操作のみでSSDをキャッシュ化できる「ROG HybriDisk」。まずはキャッシュに「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」を選択

キャッシュ容量や動作モードを選択すればHybriDiskは完成とお手軽だ。「拡張モード」はリードのみで、「最速モード」はライトも高速化する

Western Digitalの「WD WD30EFRX」単体時の結果

左が「拡張モード」で、右が「最速モード」の結果。HDDだがリード/ライトともに「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」単体使用時に近い速度にアップ

トータルバランスの優れた
「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」は要注目

 SATA3の6Gbps(600MB/秒)を大きく超えることはなかった「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」だが、シーケンシャルリード/ライトで安定して800MB/秒(ATTO Disk Benchmark)近い転送速度を実現。

 さらにRAID構築を意識させないUEFIモードの高速起動やドライバー不要といった導入のしやすさ、細かいところに気を配った冷却デザインによる安定動作、そして秀逸なユーティリティー群と魅力的な要素を満載している。

UEFIモードの高速起動や、ドライバー不要という導入のしやすさ、細かいところに気を配った冷却デザインによる安定動作、そして秀逸なユーティリティー群と魅力的な要素を満載! 800MB/秒という転送速度も申し分ない

 ついに登場した「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」や、期待の「Battlefield 4」といったゲームのロード時間を短縮したいゲーマーや、700MB/秒を超えるシーケンシャルライト性能を活かした4K動画のスムーズなエンコードなど、スペックと品質&安定性重視派の人からマザーボードによるRAID構築時の相性を回避しつつ、SATA3を超える性能を手軽に導入したい人まで、「RAIDR EXPRESS PX2-240GB」は、この夏注目のSSDといえるだろう。

 この機会にマザーボードやビデオカードも品質と安定性に定評あるR.O.G.シリーズで統一して超安定&高速な自慢の1台を組み立てるのもアリだろう。

【関連サイト】

【機材協力】

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中