このページの本文へ

ASRock「Z87M OC Formula」

ASRockのオーバークロック特化マザーにMicro ATX版が加わる

2013年07月13日 23時29分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットにZ87を搭載するLGA 1150対応のASRock製オーバークロック向けマザーボード「Z87M OC Formula」が発売となった。

チップセットにZ87を搭載するLGA 1150対応のASRock製オーバークロック向けマザーボード「Z87M OC Formula」

 この製品は型番からもわかる通り、先に発売されたATX版「Z87 OC Formula/ac」のMicro ATXモデルとなるもの。世界的に有名なオーバークロックチャンピオンの1人で、現在はASRockのメンバーとしてOC Formulaシリーズを監修しているNick Shih氏が手掛けるオーバークロッカー向け機能が満載されたマザーボードだ。
 なお、ATX版で採用されるHDMI入力をパススルー表示できる「HDMI IN」機能はサポートするが、水冷・空冷ハイブリッドヒートシンクや独自コーティングによる防水機能、ステータスLEDは非搭載となっている。

COMPUTEX TAIPEI 2013でDDR3メモリーの世界最高クロックを記録した1枚。オーバークロックチャンピオンのNick Shih氏が手掛ける

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2(動作モードはx16+x0もしくはx8+x8)、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、Mini PCI-E×1、mSATA×1。メモリースロットがDDR3-DIMM×4(DDR3-3000(O.C.)/2800(O.C.)/2600(O.C.)/2400(O.C.)/2200(O.C.)/2133(O.C.)/2000(O.C.)/1866(O.C.)/1800(O.C.)/1600/1333/1066、最大32GB)。
 オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット(Intel/I217V)、8chサウンド、SATA3.0×6、USB 3.0×6などを装備。I/O部にはグラフィック出力機能としてHDMI/DisplayPortを備える。
 価格は2万5980円。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中