このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新ハイエンドオーディオ、本当のところ第1回

バランス駆動に対応した、ラックスマンのフラッグシップHPAを徹底試聴

P-700uほか、総額約100万円でヘッドフォンの世界を堪能した (1/5)

2013年06月16日 09時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高級ヘッドフォン市場が熱い。これは日本だけではなく、世界的な傾向だという。

 専門店はもちろんだが、主要な量販店でも、売り場に所狭しと並んだヘッドフォンの姿を目にする機会が増えた。取り扱う製品も国内メーカーだけでなく、米国やドイツなど各国のブランドが集まり、かつてはほとんど見かけなかった10万円を超す高級機もずいぶんと身近になった。ポータブルプレーヤーなどを持参すれば、聴きなれた音源を使って、気軽にその実力を試すことができる。

 ヘッドフォン市場をハイエンド機がここまで席巻する状況を、10年前に想像できた読者はどのぐらいいるだろうか。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ