このページの本文へ

スマホの機能を徹底チェック 最強スマホ&サービスはコレ! 第41回

Siriを始め、スマホで使える9種類の音声入力を徹底比較!

2012年05月07日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

認識精度が高く
とにかく使っていて楽しい「Siri」

 Siriの認識精度の高さはASCII.jpを始め、多くのメディアで紹介済だが、本テストでもその賢さに改めて驚かされた。メールは「佐藤さんにメール」で佐藤一郎を送信先に設定し、件名、本文の順に話していく。認識精度は高く、句点の「。」は「まる」と言えばいい。

メールの本文だけでなく、どの部分を修正するかの移動も音声で操作可能

 鈴木二郎への電話も「鈴木さんに電話」でそのまま電話を発信。ただ、ワンクッションなどはなく、そのまま発信してしまったので、少々焦ってしまった。

 打ち合わせの追加も日時を正確に入力可能。予定のタイトル名が「予定」と入力されていたので「打ち合わせ」に直した。これはタイトルのみの修正が可能だ。メールの場合も本文だけ修正が可能で、その場合は「本文を変更」といった風に話しかければいい。

 ルート検索は無理だが、Safariからの検索が可能なのでここは△とした。天気予報は長野の一週間の予報を掲載。メールの読み上げはできないものの、新着メールを表示することは可能で、ここも△としている。カメラの起動は不可で「それはできない」と言われてしまった。逆に「音楽を再生」は可能。ただし「音楽プレーヤー起動」「iPodを起動」では無理で、このあたりは言葉を選ぶ必要があった。

予定の追加や天気の確認も音声で指示できる

長い文章は苦手
キーワード入力は○な「音声入力くん」

 SMSとメールの本文として、入力した文章が使える。ただ認識精度がイマイチで、「お願いいたします」くらいなら認識するのだが、長い文章になるとダメなようだ。一文ずつ入力していくのがいいかもしれない。

テキストを入力し、SMSやメールの本文に流用できる

音声入力くん Voice Input Japanese App
価格85円 作者rakudoor
バージョン1.1 ファイル容量27.9 MB
カテゴリーユーティリティ ユーザーの評価(2.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

多言語に対応し
正確に認識する「Dragon Dictation」

 メール、SMSの本文として入力したテキストを使うことができる。入力精度は高く、句読点の入力を気にしなければ、ガンガン話して入力が可能だ。メール作成で音声入力を使いたいという人は、シンプルで使いやすいだろう。

こちらもやはり入力したテキストをメールやSNSへの投稿に使える

Dragon Dictation App
価格無料 作者Nuance Communications
バージョン2.0.20 ファイル容量7.7 MB
カテゴリービジネス ユーザーの評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

カレンダーへの入力にも対応
「音声認識メールクラウド」

 句読点の「。」は「まる」で認識する。このあたりはSiriと同じく入力しやすい。認識精度は“惜しい”と感じるレベルで、ほとんど正しいが、1字だけダメといった風に、SiriやDragon Dicationよりほんの少し精度が低い印象だった。

 最初にテキストを音声で入力し、その後使いたい機能をタッチで選ぶ仕組み。機能自体を声で呼び出せるわけではない。選択できる機能はメール以外ではMapとSafari、Calenderなど。ただし機能は限定的で「新宿から梅田」と入力してMapを起動しても経路検索が起動するわけではない。目的地検索で使うのが良いだろう。カレンダーの場合は日時を含めて入力されるので、メールとカレンダーの入力が中心になりそうだ。

入力したテキストをSafariで検索することも可能

音声認識メール クラウド App
価格85円 作者Advanced Media,Inc
バージョン2.6 ファイル容量980 KB
カテゴリーユーティリティ ユーザーの評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン