このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

International CES 2012特集第11回

CES2012で見た 2012年のレノボはこの製品が面白い!

2012年01月14日 15時54分更新

文● 西田宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは例年、International CES 2012の会場自体にはブースを設けず、サブ会場であるVenetian Hotel内の「AquaKnox」にて、関係者向けのプライベート展示を行なっている。もちろん今年も同様だ。そこでの商品説明から、レノボはその年に、何に注目しているのかを読み解くのが通例となっている。

 そこで今回は、レノボブースで披露された最新製品についてレポートしよう。説明を担当したのは、昨年の連載61回でもお世話になった、同社マーケティング担当のケビン・W・ベック氏。本稿でのレノボ側のコメントは、すべてベック氏のものである。

2012年のレノボを代表する変形ノート
IdeaPad YOGA

こうみると普通のUltrabookに見える「YOGA」。13.3インチディスプレーで1.5kgと、「若干重いUltrabook」という感じだ。デザインテイストもIdeaPadシリーズらしい

 レノボの今年のイチオシは、なんといっても「IdeaPad YOGA」だ。ブリーフィングをしてくれたベック氏はもちろん、IdeaPad/ThinkPad全体を統括する複数のスタッフのお気に入りも、この製品だという。

 正確にはこの製品、まだ仮称である。YOGAはコードネームだが、あまりに名は体を表しているために「このまま製品名になりそうだ」という。

 一見するとYOGAは、普通の13.3インチノートに見える。比較的薄型で、いわゆるUltrabookフォームファクターに近い。重量は1.5kg程度を予定しており、厚みは約16.9mm。少し大きめだか、普通のUltrabookに見える。薄い形状なので、電源コネクターも、四角い独自形状となっている。

薄型化のため、電源コネクターは四角い独自形状となった

 だが、ディスプレー部を「180度を超えて」倒していくと、そのままくるりとひっくり返る。そして裏がキーボード、表がマルチタッチ対応ディスプレーの「タブレット」になる。この変形するイメージを「YOGA」と称しているわけだ。

折りたたんでいくとこのように。このまま立てて、映像などを見る時に使うキーボードが裏に回ってタブレットに。Windows 8のタッチ機能を最大限に生かせるよう、10点認識の静電容量式マルチタッチセンサーが使われている

ベック「ヒンジは独自の工夫をして、もうパテントも取得しています。途中の段階でも止まりますから、立てて置いたり、スタンドのような感じにしたりもできます。タブレット形状にすると、キーボードは自動的にオフになりますから、もちろん誤動作はしませんし、キーが机の面と干渉することもありません」

ヒンジ部分の拡大。二重ヒンジでディスプレーと本体をつないでいる

 現状では、YOGAが採用するCPUのスペックなどは決まっていないが、ベック氏は「発売時点に登場しているUltrabookに相当するものを採用する」という。YOGAはWindows 7でも動作するものの、ターゲットOSとして完全にWindows 8を想定しており、発売時期も「Windows 8がローンチするタイミングを予定している」そうだ。

パームレスト部はゴム加工で滑りにくい。「タブレットモードなどの時にも、本体が机の上で滑らないように」という配慮から採用された

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事