ASRock「X79 Extreme9」

「Sound Core3D」カード付属のASRock製高級X79マザー!

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRock製のX79チップセット搭載マザーボード「X79 Extreme9」の販売が今日からスタートした。同社製のLGA 2011対応マザー最上位となる製品だ。

ASRock製のX79チップセット搭載マザーボード「X79 Extreme9」。フラグシップモデルとなる製品で、V16+2フェーズ電源設計を採用する

 ASRockからは11月14日の“Sandy Bridge-E”解禁日に「X79 Extreme4」や「X79 Extreme4-M」が発売済みだが、今回の製品はそれに続くもの。フラグシップモデルとなる製品で、V16+2フェーズ電源設計を採用するほか、5本搭載するPCI Express x16スロットは全てGen3.0サポート。サウンド機能はBroadcom製LANも装備する「Extreme9」専用ユニット「ASRock Game Blaster」が付属する。

オンボードデバイスが豊富な点はもとよりオリジナル機能も満載の「X79 Extreme9」

サウンド機能が別途カードで提供されるためかI/O部は比較的シンプル。SATA周りは計12ポートがずらりと並ぶ(ブラックがSATA2.0)

付属品も多い。お馴染みのフロントUSB 3.0パネルをはじめ2way/3way対応のSLIケーブルも付く

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×5(動作モードはx16+x0+x16+x0+x8もしくはx8+x8+x8+x8+x8)、PCI Express(2.0) x1×1で、マルチGPU(CrossFire X/SLI)をサポート。メモリスロットはDDR3 DIMMが8本で、対応はDDR3-2400+(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066、最大64GBまで搭載可能だ。
 オンボードインターフェースには、ギガビットイーサネット(Broadcom/BCM57781)やSATA2.0×4、SATA3.0×8、eSATA×2、USB 3.0×8、IEEE 1394を搭載。加えてPCI Express(2.0) x1対応でBroadcom「BCM57781」とCreative「Sound Core3D クアッドコアプロセッサー」を搭載したインターフェースカード「ASRock Game Blaster」が付属する。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

PCI Express(2.0) x1対応でBroadcom「BCM57781」とCreative「Sound Core3D クアッドコアプロセッサ」を搭載したインターフェースカード「ASRock Game Blaster」

価格 ショップ
「X79 Extreme9」
¥34,980 パソコンショップアーク
クレバリー1号店
ドスパラ パーツ館
ソフマップ秋葉原リユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
PC DIY SHOP FreeT

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月