このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第114回

遂に姿を現した8コアCPU「AMD FX」はCPUの覇権を握れるか?

2011年10月12日 13時01分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンチマークテストでFX-8150の性能をチェック

AMDのレビュアーズガイドより。FX-8150の競合製品は「Core i5-2500K」を想定しているとのこと

 さてAMD FXシリーズの特徴を確認したところで、ここからはベンチマークテストにて実際の性能をチェックしていくことにしよう。今回は比較対象として、現行のAMDハイエンドCPU「Phenom II X6 1100T BlackEdition」(以下、1100T)に加えて、レビュアーズガイドでAMDが直接の対抗製品としている「Core i5 2500K」(以下、2500K)、さらにはその上位モデル「Core i7 2600K」(以下、2600K)、をそれぞれ用意した。テスト環境は以下の通りだ。

テスト環境
CPU AMD「FX-8150」(3.6GHz)
AMD「Phenom II X6 1100T Black Edition」(3.3GHz)
Intel「Core i7 2600K」(3.4GHz)
Intel「Core i5 2500K」(3.3GHz)
マザーボード ASUSTeK「Crosshair V Formula」(AMD 990FX/SB950)
GIGABYTE「Z68XP-UD3R」(Intel Z68 Express)
メモリー CORSAIR CMZ8GX3M2A1600C9(DDR3-1600 4GB×2枚)
ビデオカード ASUSTeK「EAH5850 DirectCU」(Radeon HD 5850 1GB)
HDD Seagate「ST3500418AS」(SATA2 500GB)
光学ドライブ LITEON「DH-20A3S」
電源 Corsair「CMPSU-750HXJP」(750W/80PLUS SILVER)
OS Windows 7 Ultimate(64bit)

ベンチマークには、AMD 990FXチップセットを搭載したASUSTeK製マザーボード「Crosshair V Formula」を使用した

ビデオカードはASUSTek製「EAH5850 DIRECTCU/2DIS/1GD5」。Radeon HD 5850を搭載したオリジナルクーラー搭載モデルだ

Windows 7エクスペリエンスインデックスで基本性能をチェック

 まずはWindows 7エクスペリエンスインデックスにて基本性能を確認していくことにしよう。
 FX-8150のプロセッサ性能は7.6。さすがに2600Kの7.7には及ばないものの2500Kや1100Tの7.5はしっかりと上回ってきた。さらに1100Tとの比較ではプロセッサーだけでなくメモリースコアも向上しており、メモリーコントローラーにもPhenom IIシリーズから改良が加えられているのが分かる。

Windows 7エクスペリエンス インデックス(単位:Score) better→

PCMark 7 1.0.4

 次にPCの総合性能を測定する「PCMark7 1.0.4」の結果を確認していこう。1100Tとの比較ではすべてのテストで上回っており、AMD最上位CPUとしての実力をしっかりと発揮している。ただし、インテル系CPUとの比較では2600Kだけでなく2500Kとの比較でも総合スコアで約15%下回っており、振るわない結果となった。

PCMark 7 1.0.4(単位:Socre) better→

CINEBENCH R11.5

 次に3DCGレンダリングのパフォーマンスを計測する「CINEBENCH R11.5」を使ってCPU単体の性能を見てみよう。
 シングルコアのスコアを確認すると、今回チェックしたCPUのなかで最も低く、1100Tの1.11も下回った。一方、マルチコアのスコアでは8コアというコア数のメリットを如何なく発揮しており1100Tはもちろん2500Kも上回る結果に。よりマルチコアに最適化することで全体の性能をアップするというAMDの設計思想がハッキリと出た結果といえる。

CINEBENCH R11.5(単位:points) better→

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中