このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第114回

遂に姿を現した8コアCPU「AMD FX」はCPUの覇権を握れるか?

2011年10月12日 13時01分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 7エクスペリエンスインデックス

 オーバークロックによってプロセッサのスコアは0.2上昇し、7.8となった。コア電圧を調整するなどオーバークロック設定を更に詰めれば最高値の7.9も十分狙えそうな勢いだ。

Windows 7エクスペリエンス インデックス(単位:Score) better→

PCMark7 1.0.4

 次に、「PCMark7 1.0.4」の結果を確認していこう。オーバークロックによって総合スコアは約9%。個別のスコアでもComputation scoreやCreativity scoreでは約10%と大きくスコアが向上しており、オーバークロックの効果がしっかりと表れている。ただし、定格時に大きく差をつけられた2500Kとの比較では依然として約8%低く、更にオーバークロック設定を詰めても逆転するのは難しいだろう。

PCMark 7 1.0.4(単位:Socre) better→

CINEBENCH 11.5R

 「CINBENCH 11.5」はCPU性能がスコアに直接影響することもあり、シングルコア、マルチコアとも約20%と大幅にスコアが上昇した。特に、シングルコアでは定格時に後塵を配した1100Tを約10%上回り大幅に性能が向上している。さらに、マルチコアのスコアでは2500Kとの差を大きく広げ、2600Kに迫るスコアとなっている。マルチスレッド化されたアプリケーションではオーバークロックの効果はかなり高いことがわかる。

CINEBENCH R11.5(単位:points) better→

3DMark11 1.0.2

 CPUの性能が直接影響するPhysics ScoreはPerformance、Extremeとも約16%と大幅にスコアが向上。定格動作時には後塵を配していた2500Kを約10%上回った。さらにGraphics Scoreも僅かながら向上しており、Extremeでは総合スコアで2600Kを上回る最高スコアを記録した。

3DMark 11 1.0.2 Performance(単位:Socre) better→

3DMark 11 1.0.2 Extreme(単位:Socre) better→

3DMark Vantage 1.1.0

 次に「3DMark Vantage 1.1.0」のスコアも確認しておこう。CPU Scoreは「3D Mark11 1.0.2」と同じく定格時から約17%と大幅に向上し、2500Kを大きく上回った。そのおかげもあり、総合スコアもPerformance、Extremeの両方で2500Kを上回っている。

3DMark Vantage 1.1.0 Performance(単位:Socre) better→

3DMark Vantage 1.1.0 Extreme(単位:Socre) better→

消費電力をチェック

 最後にオーバークロック時の消費電力を確認しておこう。アイドル時はCool'nQuietによってコア電圧、コアクロックとも調整されるため、ほとんど消費電力に変化はなかった。一方、高負荷時は60.7Wと大幅に消費電力が増加しており、オーバークロックによる消費電力へのインパクトはかなり大きい。
 ただし、付属の水冷クーラーであれば冷却性能にまったく問題がなく、高負荷時でも最大で60度を超えることはなかった。FX-8150でオーバークロック運用を考えるなら、あえて水冷クーラーが付属する限定パッケージ版を検討するのもアリかもしれない。

消費電力(単位:W)←better

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中