このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第164回

懲りずに8個目のiPadキーボード&ケースを衝動買い

2011年10月06日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPadやiPad 2は商品企画者や設計者がじっくりと考えて決めた通り、ほとんどの人は、キーボードも使わず、スタイラスも使わず、指先でチョイチョイやるのが絶対に最も快適であろうことは分かりきっている。実際、iPadを日常使っていてほとんどの場合がそうなのだ。

キーボード付きのアンドロイド(奥・NEC LifeTouch NOTE)もなかなか良いモノだ

 しかし、出張先のホテルやおサボり中のスタバで、少しの文章を入力したりするときに、物理的なキーボードがあれば快適さは大きく違うと信じている。あともう1つ、あまりにも普通にみんながiPadを持っているので、何とか他人との差別化を考えたいユーザ-は多いはずだ。キーボードとしての機能面の面目を保ち、外観で「えっ?」と思わせ、持ち運ぶスタイルもなかなかなキーボード&ケースを今回はご紹介したい。

 「WIRELES KEYBOARD」なんて言うと真面目なようでジョークのようなネーミングのキーボード&ケースを、秋葉原散策の定例コースにある「あきばお~」で発見した。キーボードとiPad 2本体ケースの合体した商品は、全体が少し硬いシリコンのような手触りで滑り止め効果は抜群だ。そして、今まで8個も買ったケースの中では最もタイトにカチッとiPad 2をホールドしてくれる。

WIRELESS KEYBOARDは商品名なのだろうが、少し戸惑ってしまう回転ヒンジはかなりしっかりと作られており、iPad 2を縦横に瞬時に確実に切り替えられる

  後発商品の良さはキーボード位置にも現われており、キーボードとiPad 2との距離が3段階でスライド調整できる。この機能により、iPad 2を縦使用時でも横使用時でも、iPad 2本体の傾きを自由に選択可能となり、液晶画面の見やすさに大きな貢献をしてくれる。

フラットに置いて開くと、白いiPad 2にカラーマッチングはバッチリだ。もちろんブラックモデルもあるキーボードはズルズルとスライドして本体ケースよりかなり長く引っ張り出せる

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン