このページの本文へ

スマホの機能を徹底チェック 最強スマホ&サービスはコレ!第9回

手軽にキレイな写真を撮れるスマートフォンはどれ?

2011年08月08日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

基本はシーン認識にお任せ 下手に設定を変更しないほうがいい?
ドコモ「Xperia arc SO-01C」

 初期設定ではシーン認識になっているので、カメラ任せでまずは花を撮影してみた。次に「マクロ」に変更して撮影した。その写真が以下の2点。

シーン認識設定マクロ設定

 見比べてみると、ほとんど差を感じられない。左の写真がシーン認識設定だが、最適なマクロの設定に自動的に合わせてくれたようだ。

 続いて「デジタルズーム」を使ってみた。表にあるとおり最大2倍のズームが可能だ。ただし2倍のズームは撮影サイズを2Mにした場合だけ。その場合は音量キーでズームが可能になる。8Mや6Mではズームはできないので注意したい。

通常撮影デジタルズーム2倍

 橋を撮影してみたが、通常時と2倍を比べてみると、デジタルズームとはいえ粗さはほとんど感じられないほどキレイだ。ただし2倍ズームでは遠くのものを撮る、というのにはかなり限界がある印象だ。被写体に少しだけ近づく程度の使い方になりそうだ。

 最後に「夜景」を撮影してみた。前回も説明したがXperia arcは裏面照射型CMOSセンサーと明るいレンズで、暗い場面でも明るく撮れることをウリとしている。

シーン認識設定その1シーン認識設定その2
夜景モード設定

 上左の写真と上右の写真は、初期設定のままシーン認識で撮影したのだが、まったく印象の違う写真が撮れた。上左が自然な感じに近く、窓の明かりがはっきりわかる。一方の上右はビルの輪郭まで浮かびあがり全体が明るい印象だ。何度も撮影した中では左の写真が多い感じだった。下左の写真は標準モードで夜景シーンを選択して撮影した写真。シーン認識の2枚の写真の中間という印象で、ビルの輪郭がわかりつつ、全体の明るさは抑えめになった。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン