このページの本文へ

2枚の画像から被写体を推測、背景のぼかしを強調させる技術を製品化

スマホで一眼レフ並みの「ぼかし」が表現できる技術「Morpho Defocus」

2013年05月27日 14時35分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Morpho Defocus」を使用すれば、このような写真をスマートフォンで簡単に撮影できる

 画像処理技術を開発するモルフォは5月27日、手前の被写体にフォーカスを当て、背景をぼかす技法をスマートフォンで可能にする技術「Morpho Defocus」の製品化を発表した。

 前景と背景にそれぞれフォーカスを当てた2枚の画像から被写体を推測して、背景のぼかし方を強調させた画像を作成するというもの。デジタル一眼レフカメラで絞りを開放して撮影したような写真を、被写界深度が深いというスマートフォンでも容易に撮影できるとしている。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン