• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • CPU性能が低いとGPU性能差も縮まる!?廉価版Ryzenと組み合わせる最適なRadeonを探ってみた

  • スクウェア・エニックス完全新作!ファンタジー×生活シミュレーションRPG『ハーヴェステラ』がSwitchとSteamで発売決定

  • 『SDガンダム バトルアライアンス』のオリジナル機体&キャラクターが判明!参戦する原作機体も続々と!!

  • スクウェア・エニックスの新作S・RPG『The DioField Chronicle』の先行体験生放送が7月2日に配信決定!

  • 滅亡後の世界にも脅威は降りかかる。PS4/Switch用サバイバルSLG『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』最新情報を紹介

  • 『信長の野望・新生』合戦に関する詳細情報が公開。勝利を重ね天下統一を目指せ

  • 発売日が12月9日に決定!『ドラゴンクエスト トレジャーズ』店舗別予約・早期購入特典などの情報も公開

  • 『あいりすミスティリア!』の『穢翼のユースティア』コラボ開催!コラボ実施の経緯についてインタビューも掲載

  • 胸元空いた呂布の浴衣がヤバい『れじぇくろ!』の七夕イベント「七夕に願いを込めて」をレポート

  • Switchでも『ペルソナ』が発売決定!ペルソナ25th記念特番『P5R』ミニライブの配信も

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022July

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

ぷよぷよやスターフォックスなど、歴史を持つゲームが登場!

2011年07月14日 22時00分更新

文● 伊藤 真広

 第1作発売から10年以上となる歴史的シリーズタイトルが多数発売した今週。なかでも秋葉原の各ショップで好調な売れ行きを見せていたのは、本作がナンバリングタイトルとしては27作品目(17年目)となる、日本の野球ゲームを代表する“パワプロ”シリーズの最新作「実況パワフルプロ野球2011」だ。

 本作から選手の能力評価が100段階で評価されるようになったほか、能力のランク分けがこれまで最高だったAのさらに上にSが追加。選手ひとりひとりの個性がこれまで以上に細かく表せるようになっている。PSP版では、これまで選手の表情が共通の表情となっていたが、本作は選手個々の表情が再現されるようになった。
 もちろん、これまでのシリーズで好評だったプレイヤーが選手の1人となってスター選手を目指すサクセスモードといった、多数のゲームモードを収録している。
 ショップスタッフは「例年になく好調な動きを見せていますが、これといった大きな変更点もなく、どこが決め手になったのかわからないんですよね」や「予想を超える反響でPSP版は売り切れてしまいました」とのことだった。

「実況パワフルプロ野球2011」の価格は、PS3版が6980円、一部の店舗では売り切れていたPSP版は5250円となっている

ついに20周年を迎えた
「ぷよぷよ!!」は記念パッケージも登場!

 MSXとディスクシステムで発売された第1作「ぷよぷよ」から数えて記念すべき20周年となる「ぷよぷよ!!」が、ニンテンドーDSで発売された。
 これまでにリリースされたタイトルの中で採用されていた“ぷよぷよ”“ぷよぷよ通”など7種類のゲームルールに加えて、本作から追加された“ちびぷよはっくつ”や“スロット”といった8種類の新ゲームルールを追加している。
 もちろん、Wi-Fi接続によるネッツ通信を使った通信モードも搭載しており、全国のプレイヤーたちと対戦することも可能となっている。

 発売されたパッケージには、20周年を記念して30種類のキーホルダーを同梱した“アニバーサリーパッケージ”も用意されている。また、発売に合わせて、体験会やゲーム大会を全国で実施する“アニバーサリーツアー”の実施も予定されている。詳しく知りたい人は、公式ウェブサイトをご覧頂きたい。

ゲームロムとキーホルダーなどの特典がセットに成ったアニバーサリーボックスの価格は8379円、ゲーム本編のみの通常版は5040円となっている

 このほかにも、PSPでは2006年「太鼓の達人 ぽ~たぶる2」以来5年ぶりの登場となる「太鼓の達人 ぽ~たぶるDX」や、97年にニンテンドー64で発売された“スターフォックス”シリーズ2作目のリメイク「スターフォックス64 3D」なども発売。ショップ店員から「定番タイトルとなった作品や懐かしいタイトルがこんなに並ぶなんて珍しいですね」と話していた。

ダウンロードコンテンツを合わせると100曲以上の楽曲でゲームを楽しめる「太鼓の達人ぽ~たぶるDX」は5229円

3Dシューティングとして第1作が発売された当時は大きな話題を集めた「スターフォックス64 3D」の価格は4800円

豪華制作スタッフが作る3DダンジョンRPG
「アンチェインブレイズ レクス」が登場

 シナリオに火野峻志氏(「グランディア」「シャイニング・フォース イクサ」)、音楽に植松伸夫氏(「FF」シリーズ)といった名作を手がけたゲームクリエイターを起用したほか、主要キャラクターごとに異なるイラストレーターがキャラクターデザインを担当した、3DダンジョンRPG「アンチェインブレイズ レクス」が発売を迎えた。
 同作品が豪華なのは制作スタッフだけではなく、キャストに森田成一さんや緑川 光さん、小清水亜美さん、伊藤かな恵さんといった人気声優が担当している。さらに主題歌は声優としても同作品に出演している紅白歌手の水樹奈々さんが歌っている。
 秋葉原のソフマップアミューズメント館の店頭では、イラストレーターによるイラストや担当声優のサインが入った色紙などが当たる抽選会を行なっていた。

PSPとニンテンドー3DSの2つのハードで発売された「アンチェインブレイズ レクス」の価格は、それぞれ6090円

特典テレカは、ソフマップ、メッセサンオー、ゲーマーズの3店舗で用意していた

■Amazon.co.jpで購入

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう