このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

今さら聞けないFacebookの裏表 第2回

Facebookって何だろう?

登録から始める! ── Facebookの使い方

2011年01月07日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

mixi「つぶやき」との連携

 Facebookとmixiのアカウントの連携もできる。

 Facebook内のmixiのページにアクセスし、次のような画面になるので、「Facebookアカウントとmixiアカウントをリンクする」をクリック。

mixi「つぶやき」との連携も簡単だ

 利用同意画面になるので、「今後、このサービスに対して常に同意する」にチェックを入れて「同意する」をクリック。

利用同意画面で「今後、このサービスに対して常に同意する」をチェックし「同意する」をクリック

 次のような画面が表示されて、リンクしたことが分かる。

公開するためには、プライバシー設定が「すべてのユーザー」になっている必要がある。その場合、インターネット上にも広く公開されるので注意が必要だ

 Facebookにログインして、「アカウント」→「プライバシー設定」、「設定をカスタマイズ」をクリックし、プライバシー設定で「すべてのユーザー」を選択すれば、mixiにFacebookの投稿がmixiのつぶやきに反映されるようになる。

「アカウント」→「プライバシー設定」を開こう

「カスタマイズ」をクリック

 mixiに連携させたくないことを投稿する場合は、「すべてのユーザー」ではなく、「友達の友達」や「友達」を選択する。

投稿の公開範囲を「すべてのユーザー」に変更しよう

mixiに連携させたくないことを投稿する場合は、「すべてのユーザー」ではなく、「友達の友達」や「友達」を選択

Facebookを使ってみよう

 登録したはいいものの、一体何をしたらいいのか分からないという方も多いだろう。

 それも、Facebook内の友達を増やしていくことで解決する。友達になると、ホームにニュースフィードとして相手の行動が表示される。

 見ていくと、様々なことが表示されているのが分かる。たとえば誰と友達になった、Twitterでのツイート、近況の書き込み、ウォールへの書き込み、アプリなどの利用、「いいね!」など、様々な行動が表示されるので、真似してみよう。

  • 近況の書き込み
  • Twitterとの連携
  • アプリの利用
  • ウォールへの書き込み

なども簡単なFacebook活用の第一歩だが、もっとも簡単でおすすめなのは「いいね!」だ。

 友人のアクションなどで気に入ったものがあったら「いいね!」をクリックするだけ。言いたいことがある人は、コメントをしてもいいだろう。

 近況の書き込みをするのもいいだろう。Facebookの友達に言いたいことを一言コメントで書き込む。Twitterと連携させれば、TwitterのフォロワーとFacebookの友達の両方に伝えられる。

ウォールに書き込もう。「投稿」→文字の入力→「シェア」でできる。友達の書き込みなどの下の「いいね!」をクリックすると「いいね!」ができる

「写真」→「写真をアップロード」で写真のアップロードも可能。「いいね!」をした場合もこのようにニュースフィードに表示される

 「ウォール」は、Facebookにおける掲示板的なもの。相手のページで「ウォール」をクリックしてウォールを表示させ、「シェア」の「投稿」をクリックして、文章を入力語「シェア」をクリックで書き込みができる。

 その他、写真や動画のアップもできる。「シェア」の「写真」をクリックし、「写真をアップロード」でパソコンからアップができ、「写真を撮る」でウェブカメラで撮影した写真をアップでき、「アルバムを作成」で複数枚の写真をアップできる。

 いかがでしたか。Facebookの基本の使い方が理解できたでしょうか。基本的には、それぞれで自由に楽しめばいいのです。お気に入りの機能を見つけ、新しい出会いやコミュニケーションを楽しみましょう。

 第三回目は、おすすめアプリ、ファンページ、Facebookのビジネス利用法などをお伝えする。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ