このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

今さら聞けないFacebookの裏表 第3回

おすすめアプリからビジネス活用事例なども紹介

アプリからファンページまで ── ビジネスに使えるFacebook

2011年01月10日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビジネスにも活躍の場を広げるFacebook。

 Facebook連載三回目は、実技応用編として、アプリの使い方からおすすめアプリまでと、おすすめクライアント、ファンページの使い方から作り方、ビジネス活用事例までをお届けする。Facebookマスターになって、新しい一年を始めよう。

アプリの使い方とおすすめアプリ

 Facebookで一番期待しているのがアプリという人も多いだろう。

 第一回で紹介した通り、Facebookはソーシャルアプリという概念を創り出したSNSであり、アプリが充実しているのが特徴のひとつである。

日本発のアプリもある。アメーバピグはFacebook内ではAmebaPicoという名前だ

 日本発のアプリもあり、アメーバのアメーバピグ(Facebook内ではAmebaPico)や、既に撤退してしまったがモバゲータウンの人気アプリ怪盗ロワイヤル(同Bandit Nation)なども過去に用意されていた。

 第二回で紹介したTwitterやmixiとの同期なども実はアプリを利用しており、ゲームだけでなく実用的なアプリも多く存在する。

アプリの探し方、始め方

 アプリの始め方は簡単。まずアプリページに行き、「アプリへ移動」をクリック、許可のリクエスト画面になるので、「許可する」をクリックで完了です。

アプリページに行き、「アプリへ移動」をクリック

 アプリの探し方は以下の通り。ホーム左の「アプリ」をクリックすることで、「友達が使っているアプリ」を見られる。友達と使った方が面白いアプリが多いので、ここから始めるのはおすすめだ。

 「アプリディレクトリ」をクリックすると表示されるアプリ一覧「アプリディレクトリ」から探す方法もある。カテゴリごとに分かれているので、興味があるところを見てみよう。

許可のリクエスト画面になる。「許可する」をクリックでアプリ開始

ホーム左の「アプリ」をクリック

8人分の「友達が使っているアプリ」が見られる。「他を見る」クリックで、それ以外の友人のアプリも見ることができる

「アプリディレクトリ」をクリックでアプリ一覧である「アプリディレクトリ」が表示される。カテゴリごとにすべてのアプリが表示されるので、希望するアプリを探そう

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ