このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の“モバイル・ネイティブ”時代の誕生を見る第5回

新しいコミュニケーションを実現するために作られた「Xperia」

2010年04月02日 12時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今週の1枚
【今週の1枚】ケータイの中核を担う電話帳の再発明にフォーカスが当たったスマートフォン「Xperia」。ソニー・エリクソンのコンセプトから、手のひらで情報とコミュニケーションがマッシュアップする感覚が楽しめる

 ついにNTTドコモからAndroid搭載のスマートフォン「Xperia」が登場した。日本におけるスマートフォンの本格普及が見込まれる今年、ドコモがXperiaをプッシュする勢いにも非常に強いものがある。

 Xperiaがキャリアにとって戦略的な商品であることは間違いないが、開発したソニー・エリクソンも熱のこもったプロダクトをアウトプットしている。今回は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズでXperiaの開発を担当した安達氏、西村氏にお話をうかがった。

ソニー・エリクソンのテーマを表現した結果が
Androidの採用や独自のUIにつながった

 僕の持論では、日本のケータイはハードウェアの部分で発達してきたガジェットであると考えている。カメラの高画素化、ディスプレイの拡大、高精細化、そして端末のデザインや薄さ、軽さの追求など、見た目と数字に表れるスペックが追求されてきたのが、ケータイであった。

 しかしiPhoneの登場で、そのスタンダードが崩れつつある。iPhoneは、初代と3Gでは形状の違いがあるものの、3Gと3GSでは刻印を見なければ見分けが付かず、3GSではカメラのオートフォーカス化、演算チップの高速化などは成されているが、本質的な変化はない。白と黒の2種類しか色が用意されないが、人によって入っているアプリの構成や使われ方がまったく違う。

 スマートフォンの時代になると、端末はハードの進化からソフトの進化へと移行し、その進化方法も持つ人に合わせたものになる。そんなスマートフォンの本質的な特徴を押さえながら、しかし上質で基本性能の高いスマートフォンというのが、僕からみたXperia像だ。

 しかしながらスマートフォンとしてのXperiaは、特にスマートフォンを意識することなく開発が進められてきたそうだ。

安達氏
ソニー・エリクソン 安達氏

 「スマートフォンというより、ソニー・エリクソンとして、何を提供していきたいか、ということが開発の出発点でした。それを実現する手段として、Androidを採用したり、Timescape/Mediascapeといったシグニチャーアプリを入れた、という順番で成り立っています。もともとの考え方として、ソニー・エリクソンのテーマが先にあったのです」(安達氏)

 そのテーマとなるのが「コミュニケーション・エンターテインメント」。表現したかったのは新しいコミュニケーションの形を実現する手法だったと安達氏は語る。Xperiaで採用されたインターフェイス「UXプラットホーム」やデバイスとしての性能などが、テーマを表現するためのツールとなっている。

 「ちょうどタイミングとして、Androidやウェブ活用、クラウドとの接続という潮流がありました。またiPhoneが作ってきたスマートフォンの進化や普及も影響しています。総合的に、ユーザーに見える形で、コミュニケーション・エンターテインメントを表現した端末が、日本で発売するXperiaなのです。海外で発表したX10 miniやProモデルも、同じコンセプトを別の形で届けるツールです」(安達氏)

Xperia X10 mini 海外ですでに発表されたXperia X10 mini。Xperiaをそのままコンパクトにしたようなデザインだ。日本への導入などは一切未定

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン