このページの本文へ

IDCフロンティアが外気冷却の効果を検証

外気空調効果あり!データセンターの廃熱で野菜もできた

2010年03月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月29日、ヤフーグループのIDCフロンティアは、同社のデータセンター「アジアン・フロンティア」における外気空調の効果についての実証実験結果を発表した。これによると、1000ラック規模の場合、外気冷却を使用しない場合に比べ、最大4割弱の空調消費電力の削減効果があったという。

北九州市に作られたアジアン・フロンティア外観

 アジアン・フロンティアは、IDCフロンティアが福岡県の北九州市に建築した最新データセンターで、需要に応じて1棟ごと建設を行なうモジュラー型を採用。空調の最適化や外気空調、熱循環効率の改善などの技術を取り入れた独自の「GreenMALL」を採用することで、CO2の削減や電力消費の削減を図っている。

 今回のアジアン・フロンティアでの実証実験は、2009年11月から2010年2月に行なわれた。実証実験は、外気空調システムの冷却や消費電力の削減効果の測定、サーバーへの悪影響や廃熱活用について確認するのが目的。実験の結果、既存の強制冷却システムを補完する外気冷却の効果が実証され、金額換算で4000万円/年の空調消費電力の削減が実現されたという。

 また、今回の実験ではサーバー棟の横に廃熱を利用した温室が設置され、野菜の栽培も行なわれた。冬季の温室栽培の暖房として活用できたという。

サーバー棟の廃熱を引き込んだ温室栽培実験棟実験棟の中で栽培された野菜

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ