このページの本文へ

地域限定のデータセンタースタートアップパックを提供

IDCフロンティア、月額6万3000円の東京と大阪限定プラン

2010年08月27日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月26日、IDCフロンティアは、データセンターの1/2ラックとインターネット回線および運用をセットにした「データセンター スタートアップパック」を、数量と場所を限定し月額6万3000円で提供すると発表した。

データセンターの1/2ラックとインターネット回線および運用をセットにした「データセンター スタートアップパック」

 データセンター スタートアップパックは、首都圏や関西、九州などに設置した9ヵ所のデータセンターのうち東京と大阪限定で、1/2ラックに100Mbps共有回線および運用サービスをセットにした料金パック。スタートアップパック向けに用意したラックの数には限りがあるとのこと。

 同社では、インターネットサービスの開発やスタート時など小規模システムのハウジング需要、中堅・中小企業など自社で保有するシステムの安定運用やコスト削減などのニーズに応えるサービスだとしている。

 また、ハウジングサービスの特長である、ユーザーのサーバーの持ち込みに加え、月額3000円台でサーバーレンタルも提供。さらに、希望によりファイアウォールやロードバランサーなどのネットワーク機器などと組み合わせられる。なお、月額利用料金の6万3000円は同社の最安水準という。主な仕様は以下の通り。

データセンター スタートアップパック
場所 東京 東京新川データセンター(東京都中央区)
大阪 大阪吹田データセンター(大阪府吹田市)
利用料金 初期費用 0円
月額費用 6万3000円
仕様 ラック 1/2ラック(20U)
ネットワーク 100Mbps共有
保守 運用監視パック(ベーシック)
オプション レンタル機器 NEC Express5800/110Rh-1(月額3675円/台)
NEC Express5800/iR110a-1H(月額5775円/台)
その他 Ping監視、サービス監視、リソース監視、バックアップ
ネットワーク機器(ファイアーウォール、ロードバランサーなど)など各種

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ