このページの本文へ

仮想アプライアンスという選択肢第3回

高速ハードウェアモデルから仮想アプライアンスまでラインアップがそろう

シトリックス、NetScaler Application Firewallに新5機種

2010年03月11日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月10日、シトリックス・システムズ・ジャパンは「NetScaler Application Firewallアプライアンス」の新製品5機種を提供すると発表した。同社では、単純なWebアプリケーションおよび高度なWeb2.0アプリケーションの両方に幅広いアプリケーションセキュリティを提供すると同時に、ビジネス利用におけるクラウドの安全性を高める製品としている。

 NetScaler Application Firewallは、WebアプリケーションやWebサービスアプリケーションに対する既知および未知の攻撃をブロックする強力な総合的セキュリティ製品。ポジティブセキュリティモデルを採用し、正しいアプリケーション動作のみを許可するため、攻撃シグニチャの更新を常時行なう必要がないのが特徴の1つとなっている。

 製品ラインナップは、ハードウェアアプライアンス「NetScaler MPX」ではスループットが最大5Gbpsと最速レベルの製品を用意。これらの新製品では、利用分だけを支払う「Pay-as-You-Grow」ライセンスモデルを採用。これにより、導入時には短期的に必要な性能と機能を備えたソリューションのみを購入し、需要の増大に応じて、ライセンスアップグレードにより性能と機能の追加と拡張を容易に行なえる。

 各製品ともオープン価格で、シトリックス認定パートナーに問い合わせのこと。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ